三浦半島

2017年2月12日 (日)

二子山は鬼門です

田浦梅の里を後にして、三浦アルプスとも呼ばれる二子山方面へ向かいます。

ここは過去に2回アタックして、2回とも迷子になった、私にとって鬼門の場所(山)です。

 

1回目は、葉山・長柄方面からのルートで、「立入禁止」のゲートを自分で開けて入ることに気付かず迷子に。いや、でも普通に分からないでしょそれは。
そしてやっと辿り着いた山頂では、展望台にビーチチェアを拡げて寝ているオバサン2人組。
展望台に上ることなく撤収。

2回目は、結構イイ線行ったはずなのに、最後山頂には着かず。どこで間違ったのか分からないまま森戸林道(川沿い)を通って帰りました。

さあ、3度目の挑戦です。

まずは梅の里から一本道で乳頭山へ。

Img_0022

何でこんな名前なんだろ。

 

ここから見える景色は、梅の里から見た景色と変わりませんね。

Img_0023

 

山頂からの順路図によれば、二子山はちょいと引き返したこの鉄塔方面。
で、行ってみると行き止まり。(に見えた)
そして「林道終点」の表示。

Img_0024

 

やっぱり違ったのか、と再び乳頭山へ。そして田浦→乳頭山→その先へと素直に進みます。どうもこの山は分岐ばかりで分かり辛い。

しばらく行くと、分岐で地図を広げてどっちに行くか検討中のグループが。
地図を見ていたので、「二子山はこっちで良いんですか?」と聞くと、どうも違うらしい。
地図で教えて貰うと、さっきの乳頭山から真反対。乳頭山まで戻らないと。往復1km損しました。

ふりだしに戻るで鉄塔へ。行き止まりかと思った先に細い道がありました。くそっ。

 

歩き続けていると、乳頭山手前で追い抜かせて貰ったグループが。カッコ悪っ。
道を譲ったはずの人が後ろから現われたから不思議な顔をしてましたよ。

私「迷子になりました」
グ「ここ難しいですからね。じゃあ後ろ着いて来れば?」
私「ありがとうございます。皆さん行き先は二子山ですか?」
グ「いや、私たちは仙元山です」

 

行き先が違うことにちょっと不安を感じつつも着いて行く事に。

歩いていると、擦れ違う人も道に迷ってるし、ナント肝心の着いて行ったグループの方々も道に迷ってるし、もう迷子だらけの山です。ここは。

何だか分からないけど、それでも着いて行くと、森戸林道終点に到着。ここはベンチがあって休憩所になってます。

確か前回ここまでは来たんですよ。けどここからが分からなくて結局山頂に辿り着かなかったんですね。

前を歩くグループの方々は、ベンチを素通りしてどんどん歩いて行きます。私が行き先が違う事なんてまるで気にしていません。

普通は、「私達はこっちですけど、あなたはあちらですよ」とか言ってくれるものじゃないのか。でもこの人達も一度迷子になってるからそれどころじゃないのか。

何か方向が違う感じがしたので、グループから離脱。ベンチで休んでいる人に二子山はどっちか尋ねます。

 

すると驚いたことに、一本道だと思ってた道に分岐点がありました。

これは気付かないよ。

だって川の中を歩くんですから。

Img_0025

 

本当にこの道で正解?すると前から長靴の人達が。沢歩きなんでしょうか。尋ねるとこの道で合ってるようです。

Img_0026

 

更に進むとこんな看板。たしかに森戸川を通って二子山に行くみたいです。

Img_0027

 

それでもまだ川の中みたいな道です。やっと右に分岐。

Img_0028

 

あっちこっち迷子になりながらも、今回は何とか山頂到着です。

Img_0029

 

ここでお昼にします。
カレーパンはダイエットには不適らしいですが、山を歩いてカロリー消費してますから許して下さい。
三浦富士では、きなこ&ホイップパンでしたが、クリームはカロリー高そうなので今回はアップルパイに。
生クリームよりもリンゴの方がカロリーが低いと思ったら、ナナナント!503kcalですと。勉強不足でした。

Img_0030384kcal +  Img_0031_2503kcal  = 887cal

 

三浦アルプスなんて呼ばれてますが、ここ二子山は207mの低い山です。縦(高さ)に登る山ではなく横に登る山ですね。体力的にはたいしたこと無いので人気の山だったりします。

Img_0032

 

横浜ベイブリッジが見えます。

Img_0033

 

今回も道に迷いましたが、何とか山頂に到着してめでたしめでたし。後は真下の南郷へではなく、また少し山道を歩いて長柄方面へ降りることにします。

初めて来た時に、長柄方面へは難なく降りれたので、特に心配もせず気楽に歩き始めます。

途中分岐もありましたけど、そんなに近いはずは無いので、どちらかと言うと下りではなく登り方向をチョイス。歩き続けていると前に人が。

「長柄方面に降りるんですか?」
「いえ、これから阿部倉山へ行きます。それから長柄ですね」

 

あちゃー、またやっちまった。

さっきの分岐までだとだいぶ戻ることになるので、途中のもう1つあった分岐で降りることに。

途中までは獣道みたいな感じだったのに、進むうちに誰も通った形跡が無いような道へ。樹々はバシバシ倒れてるし、明らかに道を間違えてます。
でも戻る(登る)のは辛いです。

Img_0034

 

よーく見ると、正しい道の目印であるピンクのリボンが。

Img_0035

 

ホッとして進みますが、更に道は閉ざされ、ジャングルの中のようです。

誰も通らない道を、枝を払いながら進みます。

マタギの人なんか居たら、動物と間違えて打たれちゃいそうな。そんな道なき道を進みます。(もう写真を撮る余裕もありません)

またまた川を歩き、ちょっと広い所に出たと思っても道は無い。

どう考えてもハイキングコースじゃありません。が、たかが200mの山ですから、降り続ければどこかには出るはず。

 

正規ルートは近くにありそうなんですが、歩けども歩けども道に合流しません。

最後、ルートとは違ったものの、畑の裏に出た時は涙が出そうでした。助かったぁーって。

(ちょっと大袈裟だったかな?)

 

しかし、これで3回目の二子山ですが、1度もまともに歩けたことがありません。

実際歩いて居る人達も、迷ってる人だらけ。

ネットを見ても、そんな記事が多い、秘境と言えば秘境の山。

 

軽い山なんでカッパも持たずに行きましたが、この日、夕方から雪が降ったりして、結構間一髪でした。低い山でも舐めちゃイカンですね。

4回目のチャレンジはあるのかないのか。

終わってみれば楽しい山歩きでしたよ。(v^ー゜)ヤッタネ!!

田浦梅の里

ただいま、必死にダイエット中。平らな道をウォーキングするよりは、登り坂や階段があった方が効果がありそうです。

ですが、ちょいと膝が痛いので、高い山は避け低山をゆるっと歩いています。

本日歩いたのは「田浦梅の里」
JR田浦駅、あるいは京急田浦駅から徒歩。

Img_0001

 

駅から国道16号を歩いて行くと、田浦梅林と書かれたピンクの幟がありますから、それに沿って歩いて行けば登り口まではそう難しくありません。

Img_0003

 

例年ここの梅は咲くのが遅い気がします。早咲きの桜の方が先に咲いてますね。

Img_0004

 

もちろん開花状況を知らずに来た訳ではありません。だいたい2~3分咲きって話だったかなあ。

Img_0008

 

近くに寄れば少し咲いている樹もあります。

Img_0009

 

陽当りの良い場所の樹が多少咲いているのかなあ。

Img_0010

 

頂上には展望台があり、眼下の追浜・田浦の海、遠く横浜、千葉も見えます。
横浜はランドマーク、ベイブリッジ、千葉は木更津、富津、それに東京湾アクアラインの海ほたるなんかも見えます。

Img_0019

 

梅を観に行く方は、もう少し先が良いかもしれません。

Img_0020

 

実は本日の目的は梅ではなく、その先。

梅の里を通り過ぎ、横浜横須賀道路を渡り、目指せ二子山。

Img_0021

 

二子山は低いですが大変な山です。

何が大変って、、道が非常に分かり辛い。今回も迷いましたよ。(つづく)

2017年2月 9日 (木)

三浦富士~砲台山~武山

と言う訳で(どんな訳かは前の記事を見て下さい)、ダイエットする必要に迫られています。

この日は病院で膝に注射を打ち、ちょっと痛みが和らいだので、その足で近くの低山散歩に行く事に。山なんか登れるのか?と言われそうですが、先日の159mに続き本日は200mの山です。

京急・津久井浜駅スタート。病院の帰りなのでこの時点で11時。

Img_0001

 

とりあえずは普通に農家の畑を見ながら、まさに散歩です。

Img_0002

 

道も調べず来ちゃいましたが、ちょっと間違えても着く、簡単な山です。

Img_0004

 

農家が点在する普通の生活道路です。こういう所の配達ならば移動ばっかりで楽なのに。などとついつい仕事の方に頭が行っちゃいます。(実際は楽じゃないと思うけど)

Img_0007

 

やっと舗装路が終り、山道に。

Img_0008

 

お地蔵さんがあり、左奥には階段も見えます。階段かぁ、失敗した。
ちょっと膝が心配になります。

Img_0009

 

心配するほどではありませんでした。割りとすぐに山頂に到着しました。

Img_0010

 

写真中央にかすかに富士山が見えています。肉眼ではハッキリと見えてるんですけどね。
実はここまで、まだ40分です。
さすがにまだ帰れないので、このまま次の山へ向かいます。

Img_0016

 

三浦富士を後にして、次は砲台山。更に武山まで抜けることにします。それでもたいした距離にはなりません。

Img_0018

 

天気は快晴。気持ち良い散歩登山。

Img_0019

 

またまたすぐに砲台山へ着いちゃいました。

Img_0022

 

次の武山に行く前に腹ごしらえ。コンビニで買ったパン。
今日は病院の帰りなので、カッパも無けりゃ余計な服も無い。一応カメラだけは持って来ました。

Img_0025

 

ほらね。武山もすぐでした。

Img_0028

 

山頂からはぐるり360度。

Img_0029

 

のはずが、肝心の西側(富士山側)に神社が建っていて、ホントに丁度富士山が見えません。ショック。
お詣りをして帰ります。

Img_0034

 

ああ、でも幸運なことに下山途中に富士山が綺麗に見えるポイントがありました。

Img_0044

 

そのまま逆側の武山登山口入口まで下ります。

Img_0045

 

ただいま、ビールも止めて、ダイエットは順調に進んでいます。

無理し過ぎると続かないので、ほどほどに頑張りたいと思います。

2014年5月29日 (木)

二子山失敗登山

今日は低山中の低山。三浦アルプスと呼ばれる二子山を目指しました。

ここは去年の夏、山歩きを始めたばかりの頃に一度登ってます。

その時は逗子からスタートしたので、今日は田浦から逗子へ、三浦半島横断コースです。

が、今日は失敗続き。

最初の失敗は、カメラを忘れました。

電車の乗ってから気付いたので、取りに戻る事を諦め、従って本日写真なしとなります。

そして何と言っても一番の失敗は、二子山山頂に到着しませんでした。

田浦~乳頭山~森戸林道と歩いて、いよいよ二子山に着くはずが、逗子側の登山口に着いてしまいました。

さすがに再度逗子側から登る気にはなれず。

そう言えば、ここ、去年も一枚も写真がありません。

どうも相性が悪いんでしょうか。

山道も蜘蛛の巣ばかりだし、あまりお勧め出来る場所ではありません。

が、森戸林道は気持ち良い。

三脚を構えるカメラマンも大勢居て、きっと何か珍しい野鳥でも居るんでしょうね。

またしばらくしたら行ってみようかと思います。

2013年8月24日 (土)

二子山に行きました

高尾山の次は、もうちょい高い山を目指し、予定では箱根・駒ヶ岳を考えていましたが、せっかくの休日は残念なことに曇り空。(7/31)

わざわざガソリン代を掛けて景色も見えないんじゃ勿体無い。

といういことで、急遽近くの二子山へ行くことにしました。

逗子駅から歩いて葉山方面へ。

長柄交差点を左に曲がり、川久保という信号を右へ。

ここからは裏道(といっても普通に住宅地ですが)です。森戸川を渡り、この辺かなあとウロウロ。

登り口らしき道を見つけましたが、残念ながら立ち入り禁止になってました。

後から聞いたら、ここの「関係者以外立ち入り禁止」の看板は無視して行くんだそうです。

諦めて帰るのも勿体無いので、下山コースに考えていた南郷中脇の道へ行きます。

こちらも公園までは分かり易いのですが、どこが登山コースかは初めてだと分かりづらい。

なので、スマホの地図アプリを起動し、GPS情報から探すことに。便利な世の中です。

登山口発見。

と言っても、極々普通の散歩コースと言った感じ。

写真を撮ろうと思ったのですが、何かカメラなんか構えていると場違いな感じです。

実際、普通に犬の散歩とかしている人とすれ違ったり。

しばし歩くと山頂に到着。

ここでは写真を。

と思ったんですが、ナント展望台を占拠しているオバサン2人組。

あのたいして広くない展望台に、ビーチチェアのようなものを広げて寝ています。

さすがに2人も寝てると、その横を登るのは躊躇われます。

ということで、せっかく山頂まで登ったのに景色も見れず。

ま、割と家の近所なんで見慣れた景色なんで、さほど残念でもないですが。

でも写真が1枚も無いのは残念と言えば残念かな。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

モーションウィジェット

  • 神奈川の天気
  • 長野の天気
  • 楽天