至仏山

2016年10月 9日 (日)

至仏山 ギリ日帰り圏内でした

尾瀬は2回行った事がありますが、いずれも桧枝岐村から行ったので、かなり遠いイメージがあります。

今回初めて沼田ICから(バス・戸倉~鳩待峠)行き、何とかギリギリ日帰り圏内で行って来れました。

かなり早く、6:30のバスで鳩待峠まで。

Img_0002

 

早いスタートが出来たので、至仏山を周回コースで登る事にします。
尾瀬ヶ原も歩きたいので、まず最初に下りからスタートします。途中一方通行箇所があるのでこれは仕方ありません。

山で下りからスタートと言うのはちょっと新鮮。楽で良いですが、後からその分登らなきゃいけないので大変な思いをすることになるかもしれません。

至仏山荘到着。

Img_0003

 

かつて登った燧ケ岳を正面に見ながら、尾瀬ヶ原を散策。

Img_0004

 

風が無ければ逆さ燧なんてものも見られるようですが残念。
風が止むのを待っている余裕は・・・、さすがにありません。

Img_0008

 

尾瀬ヶ原散策は平らな木道歩きなので、気付けばどんどんと歩いてしまい、本来登るはずの至仏山から離れて行ってしまいます。
適当な場所でUターン。やっぱり遠くまで来ちゃいました。

Img_0009

 

目指せ至仏山。山肌に登山道らしきものが見えますが、予想よりも急登ではないかい?気のせい?

Img_0011

 

全体的にはまだ紅葉一歩手前ですが、場所によっては綺麗な紅葉にお目に掛かれます。

Img_0013

 

今年は雨ばかりでしたが、なかなか爽やかな青空です。

Img_0014_2

 

至仏山中腹から燧ケ岳を眺めます。雄大な景色でのんびり気分かと思いきや。

Img_0017

 

登山道は時間の割には登りがきつく。大きな岩があったり。

Img_0018

 

長く続く木道階段があったり。しかも何度か騙しの山頂に騙され。

Img_0020

 

やっと山頂到着です。今日は絶好の登山日和です。
何しろぐるり360°山が見渡せます。しかも遠くの、更にまた遠くの山まで。

山頂は冷たい風が吹き、下界はまだ残暑でしたが、一歩また一歩秋が近付いているのを実感します。

Img_0021

 

周回コースなので別ルートで下山。こっちのルートの方がゆるいでしょうか。
名残惜しい気分で、山頂を振り返り。

Img_0024

 

去年は8月奥穂、次は12月高尾山と、考えてみれば秋に全く山に登りませんでした。

今年は少し紅葉の山を追い掛けてみることにします。

次はどこを目指そうかな。

2016年10月 8日 (土)

至仏山 久々の山です

本来は山ブログなはずなんですが、何しろ最近全然登ってません。

今年は雨ばっかりなもんで。遡ると8月の槍以来ってことで、相当なご無沙汰です。

まあ去年も8月の奥穂の次は、12月の高尾山でしたから、そんなものなのかもしれません。

違うのは今年は休み(有給)があるってことでしょうか。今回も本当なら10/7~10の4連休の予定でした。で、秘境・雲ノ平を目指す計画だったんですが。
(残念なことに8日から雨。せっかくの休みなのにまたダメか。更に職場で病人が出て人員不足で8日は出勤に)

もう7日は日帰りしかありません。

 

で、諦めずに登ったのが至仏山。初めての山でちょっとウキウキです。

Img_0014

明日から雨の割には、中々良い天気でした。

夜中発、夜帰宅の強行スケジュール。更に翌日(今日)は仕事と言うキツさ。

なので記事は後から更新します。

 

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

モーションウィジェット

  • 神奈川の天気
  • 長野の天気
  • 楽天