2017年3月20日 (月)

また代車であります

愛車がフロントガラス交換になっちゃいまして。(飛び石にやられました)

 

この3連休の直前にディーラーへ行き、どんな修理が必要か聞き、たいしたことが無ければ連休後に修理。

たいしたことならば、そのまま入庫し、連休は電車で遠出もと思ってました。

 

ところが生憎どっちにもなりませんでした。

修理はガラス交換という重症。すぐ入庫しようとしましたが、代車が出払っちゃって無いのだとか。(恐らく3月って車検の人が多いんですね、ディーラーが売りたがる月だから)

「日曜か月曜のお預かりでやらせて下さい」

連休ど真ん中にディーラーに行くのは嫌ですよねえ。代車だと遠出できませんし。

で、連休最終日の今日、車を修理に出しました。

 

そのまま代車を試乗車よろしく、ドライブに行こうと思ったんですが、もうすでに周辺道路は渋滞です。

しゃあない。近場をぶらり。

 

まるで海の家のような。

Img_0001

実際は海の家ではなく、三浦朝市会場。もちろん昼ですから何もやってませんけど。

 

本日のご機嫌な代車はこれ。VWビートル。

まさにカブトムシ色。

結構可愛いです。オッサンには似合いませんが、お洒落なイケメン君なら似合いそうです。

Img_0003

 

小さいと思ってたのに、ナント車幅は180オーバー。

My車より幅が広いと何かと気を遣います。

乗る時に、「これは!」と思ったのは、スマートエントリーシステム。
つまりキーを挿さなくても持っているだけで開錠・施錠、エンジンスタートも出来るスグレモノ。

昭和世代のオッサンには、まるで手品のようです。

キーをポケットやカバンに入れたままでOKなんです。ボタン1つでエンジン始動。

 

すっげぇー便利かっつうと、実はそうでもなかったりして。

 

何かにつけ小市民な私は、いつも車を降りてドアロックした後に、必ず手でドアを引っ張ってロックしていることを確認します。

ところがロックを確認しようとドアを引っ張ると、「ガチャ」と自動的にロックが解除され、ドアが開いちゃいます。

もちろん閉めればまた自動でロックするんですが、この最後の「本当に掛かってんだろうな」の確認が出来ません。

オッサン、もう時代の波に乗ることが出来ません。

 

本当は湘南海岸や箱根あたりをドライブしたかったのですが、暗くなると自分の駐車場に上手く入れる自信が無かったので、明るいうちに帰ることにしました。

うーん。

何から何まで小市民ですわ。(*^-^)

2017年1月 2日 (月)

おおっ、車買ったのか

ウチの職場って、仕事柄なのかバイク好きが多いです。

そのせいか話す話題も、ほとんどがパチンコ or バイクの改造。と言うかそれのみ。

私だって若い頃はパチンコもしたしバイクも乗りました。

けどパチンコは結局損するのは分かったし、バイクだって運転が上手い訳でもないし、体力的にももう引退。今は大人しく車ですよ。

 

私も去年まではバイトで、バイト仲間は賃金が安いから、車なんて夢のまた夢。

だから周りで「車買っちゃったよ」なんて話、聞いたこともありませんでした。

そんな中、ウチの班のバイトの男の子が、「車買っちゃいましたよ」って。

おおっ!やるねえ。

 

カーオブザイヤー受賞の、インプレッサだそうです。

060_o

 

凄いわ。よくローンを組んだよ。てか組めるものなんだ。

私は以前、ドコモのおサイフケータイを使おうとして申請したら、審査で落ちましたよ。

いつも仕事熱心な子ですから、素直におめでとうって思います。そして益々仕事も頑張ってくれることでしょう。

そうか、車に興味がある若者も居るのか。(そりゃ居るだろよ)

 

で、一番若い子(社員)にも聞いてみました。

「車とか興味あったりする?」

「もちろんですよ。ローンじゃなくて一括で買いたいんで貯金中です」

おおっ、ここにも1人車好きが。

 

私も今の愛車が最後の1台って思ってたけど、もう1台くらい乗りたいと思っちゃうね。

出来ることなら冬に山に行けるような4WD車が欲しいかな。

じゃあオッサンも仕事頑張らなくちゃ。(笑)

2016年12月 8日 (木)

カーオブザイヤーの季節です

今年もカーオブザイヤーの発表が間近(12/9)になりました。
車好きとしましては、今年のイヤーカーはあれだ、これだ、と予想して楽しんでいます。

しかし今年は全く予想が付きません。去年はロードスターかS660かなんて予想したりしましたが、今年はコレと言う決定力に欠ける気がしてなりません。

以前は、普通にちょっと良い車が選ばれていましたが、最近の傾向は単に良い車ではなく、何かしら提案のような物を持っている車。
ちょっと漠然とした表現になってしまいましたが、その年にどんな事(新技術)があったかを表現している車が選ばれる傾向が強いのではないでしょうか。

例えば、プリウスだったりリーフだったり、マツダのディーゼル車もそんな感じです。

去年のロードスターは、大型化を続ける車の原点回帰と言いますか、もう一度小型化した車の楽しさを味わうと言う感じでした。(ただロードスター自体は初代が受賞しているので、そういう意味では新鮮味に欠けた気がします)

で、私はS660の方が有利と睨んだんですが、軽自動車がイヤーカーに選ばれることはまず無いみたいです。(日本でのみ販売される車のため)

 

さて、話を今年に戻して、予想をしてみたいと思います。

 

1.スバル・インプレッサ

01
自動車雑誌で読む限りだと、このインプレッサ、相当評判が宜しいです。あの世界基準車であるゴルフと真っ向勝負が出来るレベルに磨き上がっているような。
ハンドリング良し、足回り良し、内装も良し、ではありますが、「良い車」以上のアピール部分は無いのかなあ。

 

2.トヨタ・プリウス

02
ご存知、トヨタのハイブリッド代表です。これまた足回りが劇的に良くなったとベタ褒めですが、プリウスの場合は今までが酷過ぎただけと言うのが専らの評判でして。
凄く良くなったと言っても、やっと普通になったと言う辛口批評が付いて回ります。

 

3.日産・セレナ

04
これは今年を語る上で画期的な「自動運転」の先駆けとなる車です。私個人としてはこの技術でもって今年のイヤーカーはセレナになるんじゃ?と予想したのですが、もう1つのカーオブザイヤーであるRJCのイヤーカーにすでに選出されちゃってるので、さてどうでしょうか。同じ車が受賞することは稀なので。
それともう1点、セレナの自動運転は技術が秀でていると言うより、宣伝が上手なのではと言うこと。つまりこのレベルの自動運転だと他社の自動ブレーキ&クルーズコントロールと実は大差が無いらしい。

 

4.メルセデスベンツ・Eクラス

09

車としての出来を単純に優劣判断するならばEクラスで決まりではないでしょうか。ベンツがその最近技術を惜しみなく投入した1台です。もちろん車の基本性能だけではなく、自動ブレーキやクルーズコントロールなども合わせて今年をリードする車です。
が、輸入車がイヤーカーに選ばれる可能性はほとんどありません。やはり無難に国産車から選出されるのでは。

 

他にもまだ6台ほど候補車があります。そしてその10ベストを見ると、今年は国産車4台、輸入車6台と、外国勢優勢です。

いやこれは難しい。

何たって普通に選ばれるのは国産車なのに、決定力を持たない車ばっかり。

RJCイヤーカーにセレナが選ばれてなければセレナで決まりだと思うんですが・・・。

実は選考委員も、RJCは技術者中心、カーオブザイヤーはドライバー中心。てことは技術より運転して楽しい車と言う側面もあります。その運転して楽しいと言う部分と、果たして自動運転が相容れるものなのかどうかですね。

 

と、言う訳で、ただの車好き素人の出した予想は、

スバル・インプレッサ

です。

 

やっぱり、ハンドルを切った分だけ曲がるとか、段差を乗り越えた時の振動の収束とか、車としての基本を磨いた車に受賞して欲しいと思うのでした。

9日が楽しみですね。

2016年10月27日 (木)

カーナビ地図更新完了

先日カーナビの通信モジュールが期限切れ(3年)を迎え、新品を購入しました。

ですが、このモジュール、私が使っている型番はもう生産中止で後継商品に代替わり。

後継商品は、ナント、使えるはずが使えない。

理由は、カーナビの地図を最新版に更新していないからだそうで。
(地図と同時にプログラムも更新するんですが、それをしないと認識しないんだと)

 

今回はとりあえず在庫の旧型番のモジュールを取り寄せましたが、それでも県内に3店舗しか在庫が無かったみたいです。

となると、次の更新時にはどのみち地図更新しないとダメです。

地図なんて最新じゃなくても全然困りません。東京湾にアクアライン(海底トンネル)が出来た時も、私のカーナビは海の上を走ってました。

まあ、それでも通信出来ないと困ることは困る。

 

仕方ないので、地図更新しましたよ。

 

またまた痛い出費です。

通信モジュール27000円+地図更新20000円=47000円。ガビーン。

まあ私のカーナビには圏央道が無かったので、乗る機会も増えそうだし、まっ、今回は必要かもね。

地図以外にもいくつかプログラムが更新されて、iPhoneがbluetoothで繋がるようになりました。

つまりiPhoneに入ってる音楽を、カーナビ上で聴くことが出来ます。
これはイイかも。ヽ(´▽`)/

せっかく地図更新したんだし、どこか遠出しようかな。

2016年10月23日 (日)

期待外れの燃費だった車

昔は自動車雑誌なんかもゼロヨンとか走りに重点を置いていましたが、今はすっかり燃費ですね。

特にハイブリッド車が流行り出してからは燃費競争が激しいです。ハイブリッドではないですが軽も燃費競争ですよね。

 

さて。

そんなハイブリッド車が出る前の時代、私が低燃費を期待して買った車があります。

三菱ギャランGDI。

Showphoto

 

高出力・低燃費を謳った直噴エンジンです。

満タンで1000km走ると言う、当時では夢のような話。

確かに高速では17~8km/リットルの燃費で、走っていてもほとんど燃料メーターが下がりません。丁度500kmぐらい走った時にメーターが半分だったから、まさにワンタンク1000km。

 

じゃあどこが期待外れだったkと言うと、高速を降りて一般道での燃費。

8km/リットルしか走りませんでした。(ノ∀`) アチャー

 

何でこんなに倍以上も違うのか。

多分ATのギアが4速しか無かったからでしょう。(当時はまだ4速ぐらいが普通)

4速しか無いのに、燃費を良くするために、トップギアのギア比が高い(と言うのか低いと言うのかちょっと分かりませんが)。

要は、一般道ではなかなか4速に入らないのですよ。
高速で巡行する時に低い回転数で走る設定になってるので、50km/hぐらいの速度にならないとトップギアに入らない。

てことで、街中ではほとんど3速で走る設定になってました。

これじゃあ燃費が良くなりようが無いです。

かと言って、高速だけ乗ってる訳にも行きません。ガソリン代が安くても高速料金が爆発しちゃいますから。

結局給油する時は、8~9km/リットルになっちゃってました。

 

ギャランに乗ってた人で、「おかしいなあ、俺のはもっと走ったけどなあ」って言う人も居るかと思います。

が、当時私は車通勤で、片道7kmぐらいの距離を毎日通勤してたから、条件が悪過ぎます。それも混んでいるバス通りを通勤していたので、ほぼ40km/h以上のスピードを出せる機会も無かったですし。

3速巡行じゃあGDIエンジンも力を発揮することは出来なかった訳ですね。

その後に乗った200ccターボ車でも同じくらいの燃費でしたから。(ちなみにそっちは5速)

 

今は山に行く時ぐらいしか車に乗らないので、あまり燃費燃費でも無いですけど。

2016年10月19日 (水)

カーナビが使えなくなりました

最近のカーナビは便利です。昔と違ってルート案内も的確だし、到着予定時間もほぼ正確です。

渋滞情報も頼りになるし、これ無しでは出掛けられません。

 

もちろん交通情報だけではありません。今のナビはCDを掛けると録音したりします。そしてアルバム名や曲名をディスプレイに表示してくれます。何枚もCDを持ち運ばなくてもHDDで全て管理してくれます。

ところがナビ発売後に出たCDだと曲名が出ません。データベース上にデータが無いのですから当たり前なのですが、便利なことにネットに通信して新しいデータを取得出来たりします。

また行き先を音声検索も出来る。これはマイクに向かって行き先を言うと、データベース上から拾ってくれる。

 

じゃあこの通信はどうやってやってるのかと言うと、携帯電話と同じであります。ドコモの通信モジュールを使います。

 

これが購入から3年間使えます。で、3年経つと期限切れとなって更新しなくてはなりません。

この更新がちょいと面倒臭くて、インターネットでパイオニアのサイトへ行き、必要な情報を入力し、更にこのモジュールを郵送しなくちゃなりません。

そして郵送したモジュールにプログラムを上書きして送り返して来るって寸法。ね、面倒でしょ?

 

もう1つの方法は、ちょっと高く付きますが(と言ってもちょっとだけですが)、新品のモジュールを新しく購入する。すると単に今までの物と差し替えるだけで使えます。

いちいち郵送で行ったり来たりは面倒臭い。

ええーい、新品を買っちゃえーと、新しいのを買いました。7月に。

最初のが7/31までの利用期間だったので、8月になっても慌てないで済むように、7月に用意したのです。

今までのND-DC1がもう生産終了なので、その後継のND-DC2をお使い下さいとのこと。

 

ところがここで1つ問題が。

それはこのモジュール、新しいのに交換すると、そこから次の期間がスタートしちゃうんです。

つまり最初のが7月末まで使えるから、2個目の物は8月から新たに3年間使えるはずです。

が、7月の差し替えちゃうとそこからカウントが始まっちゃう。

てことは、使えなくなったその時点で交換した方がお得。

で8月になりましたがまだ使えてます。9月になってもまだ使えてます。あれれ?

 

実は単に期間だけじゃなくて、走行距離も関係あるらしくて、私の場合あまり走らないから2か月も長く使えちゃったってわけ。

10月になっていきなり通信しなくなりました。で、用意していた新品に差し替えると。

「このUSB機器は、こちらの商品では利用出来ません」

なんんてメッセージが。

いやいや、お店で確認して買ったはずなのに参った。

何度抜き差しを繰り返してもダメ。何か認証が必要なのかと思ったけどその作業画面にも入れません。

結局どうにもならず、買ったお店へ。

 

もう買ってから3か月も経ってますから、どうなることやら。

有難いことに、今は商品の売買データは、全てPCで管理してますから大丈夫でした。

で、

いろいろどこがマズイのか見て貰いましたが、その結論は、

「結論から言いますと認識しません」

「はあ?確認して買ったのに」

「確かにDC1の代わりにDC2で対応・認識するはずなんですね」

「はい」

「ただ、それはお客様が地図データを更新していた場合なんですよ」

「更新してないわぁ」

「実は地図データだけじゃなくて、プログラムの更新も入ってて、それをしないと認識しないみたいです」

地図データの更新って安くないです。2万円とかしちゃいます。そんなに新しい道を走る訳でも無いのに。

 

とりあえず、今回は他店から在庫のDC1を取り寄せて使えるようにしました。

でもその在庫も県内オートバックスに、たったの3点しかありませんでした。

次回更新時には確実に無くなっているでしょう。

ヤレヤレ。

地図更新もしなきゃダメですね。

 

何しろカーナビが使えないと不便で仕方ありません。

まあ解決策が分かっただけでもヨシとしなければ。また臨時出費です。痛っ。

2016年9月30日 (金)

憧れの車スカイライン

日本で一番人気があった車って何でしょう。

それは恐らくスカイラインですね。

中でも、一番人気だったのはケンメリ。

1717d4a1

どのくらい人気だったのか。

ちょっと忘れちゃいましたが、国内で7台に1台だったか、7%だったか。

とにかく右も左もスカイラインだらけだったそうな。

 

いつかはクラウンじゃないけど、いつかはスカイラインって思ってた人も多かったはず。

これまた自分ではなく同僚の話で恐縮ですが、Yさんもそんなスカイラインに憧れた世代。

いつかは、と思い続けて買っちゃいました。

10151010_199702g

わりと最近のスカイラインですね。(グレードはGT-Rじゃないですが)

そりゃあもう嬉しかったみたいで、それまで車通勤してたのを電車通勤に替え、愛車スカイラインは自宅のガレージでカバーを掛けていました。

毎日娘さんを塾に送って行くぐらいしか乗らなくなっていたみたいです。

 

塾まで車で10分程度。 その10分乗るために、暖気運転を15分。
ほとんど暖機運転の日々だったようです。

それ以外はガレージに置きっぱなし。

あまりに乗らないもんだから、奥さんが
「せっかく買ったのに勿体無い。あなたが乗らないなら私が乗ってあげる」
と思い、Yさんには言わずに勝手にスーパーまで乗って、ドアを擦って来たそうです。

 

ガーン!

大事に大事に乗ってるのにざけんな。

Yさん激怒。「冗談じゃないよ、ふざけんな」

普段ほとんど怒ったりしないYさんが、この時ばかりは怒ったみたいで。

 

私「で、どうしたんですか?」

Y「ええ、次の日曜に女房と一緒に買い物に出掛けることになりましたよ」

私「ええ?買い物?何で。どういう話の流れで」

Y「ガツーンって言ったら、猛烈に言い返されましてね。一体何のための車よって」

私「ほう」

Y「もう機嫌直して貰うのが大変で。何か欲しい物を買ってやらないと」

私「ああ、そういうことですか」

Y「そういうことですよ。でももう運転はさせないから」

 

スカイラインって高く付く車ですよ。

それほど一部世代には憧れの車だったってことですね。

でも、確かに職場でも周囲の皆は、「乗らないんじゃ意味無いよな」なんて言ってましたけどね。(笑)

2016年9月29日 (木)

2シーターMR2

今流行ってる車って何でしょう。SUV?ミニバン?
まあ家族全員が乗れて、これ1台で何でも出来ちゃうそんな車ですかねえ。

一時期流行っていたのはクーペ。何だか知らないけど、やたら3ドア車が流行ってましたっけ。

便利さが売りなはずのハッチバックさえもが、5ドアハッチではなく3ドアハッチだったんだから、いかに3ドア人気が高かったか。

デートカーなんて呼ばれる種類の車までありました。

 

さあ、そんな中、使い勝手が悪い2シーターカー(2人乗り)もありました。トヨタMR2。

Sportscar_01_img_l_2

私、この手の車はあまり興味無いのですが、それでもこのMR2は恰好良いと思いましたよ。

バブルの頃、友人がこれ買いましたっけね。

当時は毎日残業、毎日終電車が当たり前の時代。忙しいけどお金は貯まった時代です。

「使う暇が無いからさ、お金が貯まっちゃってさ。MR2買っちまったよ」

「凄えー。やるねー。でも乗る暇はあるの?」

「それだよ。乗る暇も無いからさ、休日出勤の時だけ乗ってるよ」

「それだけ?」

「それだけ」

「意味無いじゃん?」

「意味無いよ。でもスカッとするよ、スピード出すと」

そうそう。今は燃費燃費の時代ですが、当時はゼロヨン加速がどうとかスピードに興味があった時代でしたっけね。

 

昔の職場の同僚Mさんもこれ買ったって言ってたな。

もうこれが欲しくて欲しくて。やっとのことで奥様を説得して購入。

出掛けようとしたら2人乗り。

助手席に奥様を乗せ、いざドライブへ。

と思ったら、まだ小っちゃかった子供が、「パパ、僕はここで良いから」と座席の後ろの隙間に座り込んだそうです。

確かシートは無いから、カバン置き場的なスペースだと思います。

さすがにMさん、嬉しそうにしている子供の笑顔に、「俺は何て悪い父親だ」と反省して1年経たずに車を買い替えたそうです。

うーん。

何とも罪作りな車です。それほど人気だったんですよね。

今だったらロードスターみたいな車ですかねえ、これ。

ポンコツ車の想い出

今はあまりポンコツ車なんて見なくなりました。

まあそりゃあそうだわな。昔みたいに「何が何でも車が欲しい。どんな車でも良いから」なんてニーズがありませんから。

無かったら無かったで別に困らない。何もわざわざ故障ばっかりする車に乗る必要なんかありません。

 

私が若かった頃は、車種なんて関係無く、車を持っている事それ自体がステイタスだったりしました。

貧乏大学生だった頃の私は、乗り物と言えば自転車、せいぜいバイクでしたが、中にはバイトを頑張って車を買った輩も。

当時車が幾らぐらいで買えたのかは知りませんが、一番安い車で5万円と言うのがありました。所有者は普段ほとんど自転車に乗り、いつも駐車場に置きっぱなし。

友人が「たまには乗せろよ。雨の日ぐらい」とか言ったら、「良いけどよ、雨漏りするぜ?それでも良いなら」と。青空駐車で保管してたけど大丈夫だったんだろうかね。

5man

 

社会人になった頃も、まだまだ周りにはポンコツ車が存在してました。

先輩jさんが乗る車は、よく壊れました。仕事が終わると何人かで「飯食って帰ろうか」なんて横浜へ。

食事が終って解散しようとすると、jさんが「ちょっと君達まだ仕事があるんだけど」

「ん?」

j「エンジンが掛からないから車を押しなさい」

で、繁華街・横浜駅前で車を押し掛け。そんなこともやったなあ。

 

そんなことを何度か繰り返し、jさん車を買い替えました。

買い替えたっつうのに、またもポンコツ。

ある日、出勤途中に信号で停まったまま発進出来ない。後ろの車がクラクションを鳴らすと、jさんそれに対しておもむろに窓を開け、右手に○○を持ち外へ。

jさんが手に持っていたのはアクセルペダル。

ウソのようなホントの話。

つまりアクセルが取れちゃって発進出来ませーん、と。

後続車から続々と人が降りて来て、皆で車を押してくれたそうです。

jさんの車を左に寄せ、後続車は走り去り、jさんはそのままJAFを待ち。

 

最近はここまでのポンコツは無いと思いますが、当時はまだそんな車もありましたね。

懐かしい。

jさん、どうしてるかな。元気かな。

2016年9月24日 (土)

自動運転はどこまで進化できるか

自動ブレーキなんて物が出て来た頃は、「そんなもん要るかよ?けっ」てな感じだったのに、年月を重ねるうちに、「無いよりはあった方が良いかな」「長距離運転の時なんかはあった方が良いかもな」と考えが変わって来ました。

次の流れは自動運転でしょうか。

日本じゃミニバンから試していくようです。まあミニバンだったらビュンビュンと追い越しをする必要もなく、流れに乗ってクルージング出来れば良い訳で。無理に追い越し車線を走らなくとも走行車線+αでOKかもしれません。

アメリカじゃあ自動運転で死亡事故が起きるほどのイケイケぶり。この辺は我が日本車は安全第一になってます。

と言いうことは、現段階ではスイスイと手放し運転で走るレベルではなく、自動ブレーキに毛が生えた程度。自動ブレーキというよりクルーズコントロールですかね。

新型セレナに自動運転装置・プロパイロットが搭載されました。

Serena01

現段階ではドライバーはハンドルを握っていなければならず、どの程度楽になったのかは疑問だったりします。

今に、目的地「自宅」とかセットすれば、後はウトウしていても自宅に到着するようになるのでしょうか。

それが果たして楽しいのか退屈なのかは置いておいて、またそれでも車が良いのかなんて話も置いておいて、技術が進んで行く事は間違い無いでしょう。

 

つい最近読んだ車雑誌には、 カーナビも対話機能が進化して、「○○をしたい」と言うだけで考えて目的地を案内してくれるなんてのもありました。

そして更に、「疲れたから迎えに来てくれ」と通信すると、車が勝手に迎えに来て自宅まで送り届けてくれるなんてのも。

凄え。

 

そう言えば、私が子供の頃は、やたら未来を空想した漫画が流行ったものでした。当時は21世紀なんて言うと遥か未来の夢のような世界でした。

Hqdefault

流星号って飛んで迎えに来てくれましたよね。

これは車じゃないよな。空飛んでるもんな。マッハ15で。

今に自動運転がもっと進んで、足腰不自由なお年寄りも出掛けられるようになると良いですね。もっとも、更に渋滞が酷くなるか。

渋滞中に周りを見回すと、皆口開けて寝てたりして。(笑)

そんな時代が来たら、さすがに自動運転の車が欲しくなりますわなあ。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

モーションウィジェット

  • 神奈川の天気
  • 長野の天気
  • 楽天