金峰山

2016年5月18日 (水)

金峰山に行きました(5/15 その2)

砂払いノ頭を過ぎると、急に景色は岩山になります。
切り立った断崖がちょっと怖いです。

こういう岩場を歩く時、いつも「こんな所で地震でも来たらどうしよう?」なんて思います。
どうも心配性のようですね。

Img_0018

 

こんな感じの稜線歩きをしつつ、段々と森林限界って言うんですか?木が低くなって来ました。

Img_0019

 

そしていよいよ山頂。五丈岩です。(クリックすると拡大します)

想像していたよりも遥かに大きく、登っている人も居ましたがここ止まり。
てっぺんまでは行かないみたいです。
にしてもデカい。

Img_0025

 

様子を見ていると、どうも登るよりも降りる方が怖そうです。

Img_0027

 

今日は結構ガスってまして、山頂までの途中も全く景色が見えませんでした。
時々ガスが晴れると大ヤスリ岩が見えるくらいで、遠くの山なんか全く見えず。
それどころか、目の前の五丈岩でさえこの始末。

まあこれはこれで悪くないですが。

Img_0029

 

またガスが晴れ、次々に五丈岩にチャレンジする人達が居ます。(クリックすると拡大します)

皆さん、各自の限界点まで登って「これ以上無理!」っと写真を撮って貰っています。

そうだ。私ソロ登山だから、登った所で写真を撮られる訳でもなく。
そう思ったら、全くチャレンジする気にもなれず、次々にチャレンジする人を眺めているだけでした。

Img_0030

 

少し高所恐怖症な所もあるのかもしれません。それにバランスも悪いので、こういう足元が不安定な場所(五丈岩も途中の道も)は苦手です。

Img_0031

 

男体山に続いて金峰山も登りましたが、やっぱりここでも下山中に膝が痛くなりました。
もうそうなると、ただただ辛いだけ。

やっとスタート地点近くまで降りて来ました。
朝は見えなかった瑞牆山も薄っすらと見えています。

Img_0033

 

今日も下りは何人にも抜かれます。
いつも普通に山ガールにも抜かれますが、ついにテントを担いだ山ガールにまで抜かれる始末。

この膝の痛み、何とか治らないもんでしょうかねえ。庇いながら歩くせいか、最近は逆の足首まで痛いです。少し休養が必要なのかもしれません。

と言いつつ、梅雨入り前にもう一丁!かな。

痛い痛い言いながら、下山すると楽しかった金峰山でした。

2016年5月17日 (火)

金峰山に行きました(5/15 その1)

次は金峰山か乾徳山か。
などと考えていたうちの1つ、金峰山に登って来ました。
ここは密かにテント泊候補地として考えていた山で、まずは登れるものなのかどうか、軽い荷物でお試し登山です。

登り口はいくつか有り、一番近い大弛峠。他には廻目平、瑞牆山荘ですか。
テント泊するなら瑞牆山荘から。

まずは駐車場から少し登るとベンチが有り、晴れていれば瑞牆山が望めます。

Img_0002

 

普通に登って行くと、割とすぐの場所に富士見平小屋が有ります。
ここから道は二手に分かれ、瑞牆山、金峰山へと登って行きます。

Img_0003

 

この小屋の前がテン泊場になっていて、ここにテントを張れば、一気に百名山を2つ制覇出来ます。しかも駐車場からテン場まで近いからテン泊デビューには持って来いです。

Img_0004

 

今日は日帰りで金峰山の予定なので、登って行きます。

Img_0006

 

大日岩が見えて来ます。

Img_0012

 

登り口(って言うのかな)からの大日岩。ザックをデポして登っている人も。
ここから見える景色もなかなかのものだそうで、途中ですれ違った方々に進められますが、ちょっとガスって来たので山頂へ歩を進めます。

Img_0013

 

砂払いノ頭。

Img_0015

 

ここを過ぎると道も岩歩きに変わります。(つづく)

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

モーションウィジェット

  • 神奈川の天気
  • 長野の天気
  • 楽天