白根山

2014年8月27日 (水)

白根山に行きました(8/24)

いよいよ北アルプス(西穂独標)デビュー、のはずでしたが、天気予報があまり良くないので行き先を変更。白根山に行って来ました。

ここはゴンドラで一気に上まで行けるので、比較的楽な行程になります。去年まだ靴しか持ってない時に一度行ってます。
今日も山頂駅から山頂が良く見えています。さあ出発です。

Sirane01


まずは登山口に入る前に神社にお参り。

Sirane02


しばらくは樹林帯歩き。頭上には木々が生い茂り陽射しをカットしてくれます。実に涼しくて快適です。
そして木々の下を抜けると、そこには遠かったはずの頂上がすぐそこに見えます。

Sirane03


山頂はすぐなんですが、意外と歩き辛いです。

Sirane04


と言いつつもう山頂。

Sirane05


時計を見ると、歩き始めてから1時間半。あっと言う間でした。
去年は10月だと言うのに汗ぴっしょりになって歩きましたから、その時に比べたら楽なペースでした。

Sirane06


山頂は狭く、ホント交代で写真を撮らなきゃと言うほどの狭さ。まあどこもそんなもんですけどね。

Sirane07


天気予報では夕方まで持つ予定だったのに、この後下山中に雨にやられました。
実は雨でカッパを使ったのは今回が初めてです。(今までは防寒でのみ使用)
と言っても木々が生い茂っていたので、ほとんど雨には濡れず。
しかも着替えも済ませ、車に乗った直後に本降り。素晴らしいタイミングでした。
やっぱり晴れ男なんですかねえ。

関東地方で午前から雨ですから、西穂独標は延期して正解でした。
早く行きたくてうずうずしていますが、最近の豪雨は怖いですから晴れの日を狙って行くことにします。

2013年10月15日 (火)

白根山に行きました(その2)

10/12の記事(しかもつづき)です。

熊よけの鈴が無くビビってた私ですが、前を鈴を鳴らしながら歩くお兄さんが居たので、ちょっと安心して後ろを着いて行きます。

が、お兄さん、割とすぐに休憩してしまい、またドキドキの単独歩き。

Sirane07

しかし、ドキドキしたのはほんの僅かな時間で、少し歩くと大勢の人が歩いています。
白根山で熊の心配するなんて、経験者の方に笑われそうですね。

Sirane08

歩いて行くと、今度は何と呼ぶのでしょう、石ころや砂の歩き難い坂道が続きます。
私の服装はと言うと、半袖Tシャツ1枚。
ダサい黒ジャージを着てたはずですが、暑くて脱ぎました。

Sirane09

息を切らし、額の汗を拭い、「暑っ」とつぶやいたら、上から降りて来たおじさんに、「上は別世界だよ風が強くて。すぐに寒くなるからよ」
確かに立ち止まると寒いです。しかもTシャツの人なんか居ません。


Sirane10

山頂が近づくと、良かったはずの天気ですが一面灰色に霞んでます。
まあ天気が悪くなったと言うより、山はこうなんでしょう。

この先、山頂横の開けた所に着くと、横風がビュービュー吹いて寒いくらい。

Sirane11

いよいよ山頂到着。
白根山の山頂は狭く、写真は順番待ちです。
上に立てる人数は少ないので、下で待機。


今回思ったのは、登山中はいろいろ立ち止まったり写真を撮ったりするのに、下山中は全然写真も撮らないってこと。


違うコースで降りてくればそうじゃないんでしょうが、登ったコースを降りる場合は、一度見た景色だし、息も上がらないのでそうなるんでしょうかねえ。


さて。
リフトの山麓駅で足湯に浸かろうと思ったんですが、ナント!リフト待ちの人達が大行列。
足湯どころじゃありません。
速攻で並びましたが30分待ち。やっぱり今が旬の白根山、人でいっぱいです。
熊の心配なんかしてた自分が恥ずかしいですな。

結局このリフト待ちのじっとしている時間が一番寒かったです。
ジャージを着ましたが、ぶるっ。ジャージってこんなに風を通すんですね。普段は気付かないことです。
他に着るものは、ユニクロのダウンベスト。(袖が無いよぉぉ)
そしてカッパ。

やっぱりこの先、少しは着る物も揃えなきゃなりません。
結構お金が掛かるなあ。トホホ。



さあ、朝は環八~関越を通りましたが、出来れば帰りは環八は通りたくない。
(通り慣れてる人なら良いんでしょうが…)

帰りは、金精道路で日光へ。
東北道と首都高を経由して帰ることにします。


車から見る日光は観光客でいっぱい。
竜頭の滝や中禅寺湖近辺で紅葉の写真を撮る人たち。
いろは坂も渋滞、じゃなかった遅い車が1台蓋をしています。その後ろだけ渋滞。
さすがに東照宮周辺は本物の渋滞。
世界遺産だけあって、外国人観光客も大勢。

むむぅ。
ここ(日光)を素通りするなんて、何て贅沢。



山は楽しいなあ。登山靴以外何も持ってないレベルですが、それでも楽しいです。

まだ景色が見えなくても、歩いているだけで楽しい段階ですが、ちょっとずつ勉強して行くことにましょう。

白根山に行きました(その1)

10/12、知人と八方尾根に行く予定でしたが、向うは天気が悪いようで14日に変更。急遽予定が空いたので単独白根山に行きました。

私、今夏デビューの山初心者。
夏から今までに用意した物も、カッパと靴だけ。
しかもカッパはまだ使ってないので、見た目で言えば新しいのは靴だけ。

他の服と言えば、普通のTシャツ、普通のズボン、そして普通のジャージ。
町を歩いてもダサい黒一色のジャージです。

山を歩いていても、景色より他人のファッションが気になっちゃう始末。
この時期、一体何を着れば良いのだろう。


さて話を本題に戻します。

とにかく初心者ですので、ロープウェイなど簡単に登れる山を選んでますが、今回は紅葉が旬な白根山を狙ってみました。

まだ暗いうちに出発しましたが、関越道に入る頃(もちろんもう明るいです)はすでに渋滞が発生してました。そうか、世間様は3連休初日。そりゃそーだ。

いきなり19km渋滞の情報に心が挫けそうになります。

5時間も掛かって何とか到着。

Sirane01

丸沼高原ゴンドラ乗り場。良い天気です。
山歩きの駐車場って無料なのが有り難い。

Sirane02

早速ゴンドラに乗り、

Sirane03

景色を見るとナント!夏スキーです。

Sirane04

そして山肌は、今が旬だと言う紅葉です。

Sirane05

山頂駅から見る白根山は綺麗に輝いています。
来て良かったー。好天に恵まれました。

Sirane06

登山口へ。門を開けて入ろうとすると注意書きが。熊に注意!
今は熊が活動している季節。熊よけの鈴を鳴らしながら歩いて下さいと。

どうしよう。持ってないし。
登るの止めようか…。     ← 山初心者ですからちょい本気でそう思いました
せっかくここまで来たのに。

前を歩いているお兄さんが、熊よけの鈴を鳴らしながら歩いています。

ヨシっ、この兄さんの後ろを着いて行こう。


実際はそんな心配全く無いです。熊どころか人間様が大勢歩いてますから。


ここまでは紅葉真っ盛りの山を楽しんでました。ここまではね。(つづく)




2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

モーションウィジェット

  • 神奈川の天気
  • 長野の天気
  • 楽天