高尾山・景信山・陣馬山

2017年1月14日 (土)

初登りは高尾山

やっと初登りして来ました。今年の初は高尾山からです。

朝5時前には起きたんですが、始発の電車には間に合いそうもなく、ちょっとグズグズしてたら朝のラッシュ時間に重なっちゃったので、少し出発をずらして8時半に出発しました。

ラッシュ時間を外した代わりに、高尾山口駅着は10:48。
もうこの時点で陣馬山は諦めて、高尾山だけにすることに。

Img_0001

 

最近は1号路(舗装路)で登る事が多かったのですが、今日は山登りっぽく稲荷山コースです。

Img_0002

 

お稲荷さん。
そう言えば、去年のこの時期は、正社員登用試験の結果発表前で、あっちの神社こっちの神社と神頼みしていたっけなあ。苦しい時の神頼みとはよく言ったものです。

Img_0003

 

数日前に雨(or雪)が降ってコンディションはどうかと心配しましたが、すっかり乾いて歩き易かったです。高尾山頂までは全く雪はありませんでした。

Img_0004

 

久し振りだったせいか、あるいはスクワットの筋肉痛のせいか、途中足が重かったです。
で、最後の難所、200段くらいの階段。

Img_0005

 

山頂到着。約600mの高さですが、スタート地点が200mなので、たいして登ってません。

Img_0008

 

ここは何もかも揃っていて、手ぶらで登れる山です。
今日はカッパも持たずに来ましたが、ダウンも手袋も忘れると言う脱力っぷり。

まあ街着で登ってる人も居ますし、夏場はサンダルの人も。そういう気軽な山です。

Img_0009

 

この季節ならではの景色。富士山が見えます。

Img_0010

 

ズームアップ。雪が積もった富士山は素晴らしい。絶景ですな。

Img_0012

 

前日までは、高尾山~景信山~陣馬山と縦走するつもりでした。お昼は陣馬山で。
そのくらいやる気があったのに、いざ登ってみると、軟弱にも1号路(舗装路)を降りることに。

1号路で見るべきものは、この蛸杉。確かに根っこが蛸のようです。

Img_0018

 

そして軟弱を極めます。ケーブルカーで下山することに。

Img_0019

 

今年の初登山は、見事なまでの脱力登山でした。今年はこんなゆる登山の連続で良いかもなあ。

まだ正月の疲れが抜けないのでした。

2016年10月20日 (木)

リハビリは高尾山から②

男坂を登ったら、女坂よりも早く着くのかと思ったんですが、ほぼ同時に右へ向かった人とほとんど変わりませんでした。

そのまま薬王院へ。

Img_0024

 

高尾山と言えば天狗、、なのかなあ。

Img_0025

 

子供達が潜っているのは、願いが叶うと言う輪。これが意外に人気で、いつも行列だったりします。

Img_0027

 

さあ薬王院です。

Img_0028

 

ここにも天狗の像。

Img_0030

 

程なくして山頂到着。今日は遠足で来ている子供達が多い事。

Img_0032

 

この山頂標識で写真を撮る人が多くて、なかなか空かないのです。

Img_0033

 

残念ながら富士山は見えませんでしたが、お昼過ぎでこれだけ見えればまずまずではないでしょうか。見えているのは丹沢の山々。

ここでも山座同定アプリを試してみますが、やっぱり全くダメ。

Img_0034

 

時間も遅いので下山します。いつもは吊り橋の4号路か、稲荷山コースで下山しますが、今日は靴も普通のスニーカー。昨日の雨で泥の地面は滑りそう。来た道を再び下山します。

と、今まで気付かなかったんですが、この舗装された1号路、物凄い傾斜でした。

なるほど何時も元気に登っている大学生グループ(登山未経験っぽい)が、元気なのは最初だけで途中で座り込んでいる訳です。こんなに急だったとは知らなんだ。

 

去年は12月の高尾山まで休んじゃいましたから、それに比べたら今年の山再開は早い方です。この前も至仏山に登ったし。

注射さえ打てば、まだまだ歩けそうです。誰か一緒に山に登ってくれる人はおらんかねえ。(笑)

リハビリは高尾山から①

槍ヶ岳登山で燃え尽きたのか、今年も秋はサボリ気味。
と言っても仕事のせいか、膝は以前よりもボロボロ。
今日は朝病院で注射を打ち、リハビリも兼ねて手頃な所で、高尾山に登る事に。

何しろ高尾山口駅に到着したのが12時。もう遅いので今日は軟弱に1号路へ。写真のような舗装路です。

Img_0009_4

 

舗装路とは言え急坂続き、意外と苦戦する人が多いです。しばらく歩くとリフト乗り場。

Img_0010_2

 

だいたいここが中間地点です。ここからは平坦路です。

Img_0011_2

 

久し振りの青空です。

Img_0013_2

 

それにしても今日は街並がよく見えます。

Img_0014_2

 

高尾山名物・蛸杉です。

Img_0018_2

 

もう450歳だそうです。

Img_0019_2

 

この辺はずーっと平坦路です。

Img_0020_2

 

少し行くと分岐点。左が男坂(階段)、右が女坂(坂道)です。

Img_0021_2

 

今日は軽いトレーニングのために来ているので、迷わず左へ。
(迷うほどの階段ではありませんが)

Img_0023_2

 

高尾山は標高も低く登山と言うより遠足気分。登り易いのですが、電車に乗る時間が長いのが難点。

もっとも今日は行き帰りの電車で読書。読書の秋ですから。

 

行き帰りだけで1冊読み終わっちゃいました。

今日は幼稚園児や小学生がいっぱいで、まさに遠足気分に浸れました。今年の秋はもうちょいどこか登れると良いなあ。

②へつづく。

2016年3月27日 (日)

高尾山~陣馬山に行きました(3/26)

3月は結構有給を貰ったせいか、頻繁に山歩きに出掛けています。
雲取山日帰りのようなガッツリしたものや、鎌倉天園ハイキングのような軽いものなど、その日の気分や天気によって適当に楽しんでいます。

で、今日は軽い気持ちで高尾山。(からの陣馬山)

Dscf0001_3

 

まずはケーブルカー乗り場を左手に進みます。と、高尾山にはいくつもある順路のうちの「稲荷山コース」と言う一番山登りっぽいコースへの入り口が。
もうすっかり雪もなく夏道です。

Dscf0002_2

 

ちょっと登るとお稲荷さん。なるほど、だから稲荷山コースってわけか。

Dscf0003

 

初めてこの稲荷山コースを登った時は結構きつく感じましたが、今は山頂手前の200段以上ある階段だけですねきつく感じるのは。

Dscf0004

 

山頂到着。今日の予報は曇りのち晴れ。まだ朝早いので曇ってます。

Dscf0006

 

一応山頂標識も撮っときます。何か薄っすらと青空っぽい気もしますが、ナナナント!ここで雨が。いやよく見ると雨じゃなくて雪です。チラチラと舞っています。
カッパは持ってますが、陣馬山までは遠いです。軽い気持ちでハイキングに来たのに雨は嫌です。帰ろっかな。

Dscf0007

 

実は私、「晴れ男」ならぬ「晴れじゃないと登らない男」なんですよ。
だからカッパなんか1回しか着た事が無い。雨が降りそうな日は山に行かない。
今日は曇りのち晴れだから来たんです。

マジで帰ろうかと思ったけど、さすがにまだ8:30。
慌てて決断するにはまだ早い。空を見ると確かに明るい所もあるし。
で、山頂で座って待機してると止みました。

これならきっと天気回復するだろう、ってことで気を取り直して次なる山・景信山へ向かいます。
そうそう、今日も下りの歩き方の練習のつもりで来ました。
それなのにまだ一歩も下ってませんでした。いざ景信山へ。

まずは途中の城山です。

Dscf0008

 

そして景信山。端折り過ぎですか?

Dscf0011

 

いつもは私、ほとんど休憩なんかしません。ゆっくりと、しかしノンストップ登山です。別名・ダイエット登山とも言う。

が、しかし、今日は「なめこ汁」でも頂くとしましょう。
いや、更に1ランクアップ、「なめこ入りうどん」に致しました。ハイ。
500円也。

山ではほとんどお金を使わない私が、なぜこんなに気前よく散財したのかは、後で説明します。

さあ、では次なる山・陣馬山へ向かいます。

Dscf0013

 

到着しました。またまた端折り過ぎですか?
心配した天気も青空になってます。
と言ってもさすがに富士山なんかは見えませんけどね。

Dscf0016

 

それでも近場の山はまずまず見えてます。
人が大勢で座る所もありません。多くあるテーブル&イスは、売店の利用者しか使えません。

Dscf0017

 

何とか空いているベンチを探し当て、さあお昼ご飯です。
お昼と言うか、本日の食糧の全てです。
過去No.1の貧弱飯。要するにあんパン1個です。しかも20%引き。そしてパンなのにお茶。

実は昨夜、今日のお昼を食べちゃったんです。(笑)

最近よくあるんですよ。前の晩にビールなんか飲んで、つまみが無くなると、「何でも良いや」って🍙とか手巻ずしとか食べちゃうことが。
本来なら予備のはずのあんパンが主食に。主食っていうかそれだけッス。

だから途中でうどんを食べたってわけよ。さすがに高尾山から陣馬山まで縦走してこれじゃ持たなそうだから。

Dscf0018

 

あとは帰るだけ、段々楽に登れるようになって来たような。

以前登った時は、景信山の手前が急登だったなとか、陣馬山までは長いなとか、ちょっと辛い感想もあったんですが、2回も表尾根を日が暮れるまで登ったり、大倉尾根をノンストップで登ったりしてるうちに、半日くらいならどうってことないかって思えるようになって来ました。

Dscf0023

 

このコース結構好きだなあ。
こういう、ゆったりとしていて、尚且つ長距離のハイキングコース。まさにダイエット登山にピッタンコ。

うん。また来よう。

2015年12月 8日 (火)

高尾山ハイキング(12/6)

では改めて日曜の高尾山の様子です。
いつもの山時間(早朝)ではなく、気合も何もない10時頃の高尾山口駅スタートです。

ここは山頂までいろいろなコースが選べます。
ちゃんと山登り気分を味わえる稲荷山コース、他にも1~6号路。更にケーブルカーあり、リフトあり。

てことで服装も様々です。登山スタイルで登山靴を履いている人達も多いですが、極々普通の街中スタイルの人や、ベビーカーを押す人も。

Dscf0003

 

今日の私の服装と言えば、普通のネルシャツ、スニーカー、デイパックとほぼ街中スタイルでしたが、上着だけは先日買ったばかりのBDインダクションシェル。
これを着てみたくて出掛けたと言った方が正確なところかもしれませぬ。

Dscf0006

 

舗装された1号路を歩き、まずはケーブルカーの山頂駅まで到着。
今日は景色が良く見えます。

Dscf0007

 

いつものように蛸杉を通過。

Dscf0008

 

薬王院も通過。

Dscf0014

 

あっと言う間に山頂です。11時過ぎだと言うのに、まだ富士山がはっきり見えてます。

Dscf0015

 

ここは実に気軽に登れる山(599m)です。
欠点を探すとしたら、人が多過ぎて座る所も無いってところでしょうか。

稲荷山コースで登って来た人達が、「参ったよぉ、人を抜かすことも出来ないほど混んでたよ」なんて話してました。

Dscf0016

気軽に登れるなんて書きましたが、ずっと仕事で足に疲れが溜まってた私にはちょっときつかった。正直稲荷山コースにしなくて良かったかもしれません。

下山は今まで通ったことがない3号路を選択。初めての道にそれなりに楽しめました。

で、

最後はリフトで下山。言ってることとやってることが一致しない軟弱者でした。

インダクションシェルの着心地は良かったです。若干ストレッチ性もあって着ていて邪魔になりません。
せっかくのインダクションシェルなので、次はもっと山っぽい山へ着て行きたいですね。

 

P.S. Windows10にして以降、未だにカメラからUSBで写真を取り出すことが出来ません。早くアプリ更新して欲しいわぁ。

4か月ぶりの山登り

最近全然ブログ更新していません。理由はズバリ!山に登ってないからです。

ナント!8月に奥穂に登って以来、実に4か月ぶりです。

 

ここ1か月は休日出勤ばかりでしたから仕方ないにしても、随分と間を空けてしまいました。

本当は北横岳を考えていたんですが、ちょっと調べたらもう雪が積もってるとか。

あまりに間を空けたせいで季節感も狂ってます。今の季節に丁度良い服装すら分かりません。

 

てことで、普段とあまり変わらないような近場低山を目指すことにしました。

いつもなら始発に乗って、稲荷山コースで山頂へ。そしてそのまま景信山、陣馬山へと歩くんですが、何しろ休日出勤の連続でしたからもう足はパンパン(仕事が配達なので)。

軟弱にも1号路(舗装されたハイキングコース)で山頂へ行くことに。しかも高尾山のみの予定。

 

高尾山口駅を降りると、驚いたことに凄い人の数。
そのままケーブルカーの駅まで、列のままで歩くことに。
人を抜いて行く隙間も無いとは・・・。ヤレヤレです。

幸いなことにケーブルカーの駅から先は、稲荷山コースに向かう人、ケーブルカーに乗る人、私のように1号路で行く人、と分かれ人混みはさほどではなくなりました。

今日は早起きもせず、普通なら山頂では景色もあまり見えない時間ですが、幸運にも富士山を見ることが出来ましたよ。

Fuji

これだけでも来た甲斐があったと言うものです。

 

帰りは池袋のBookoffへ。
今まで大型店舗と言うと秋葉原に行ってましたが、池袋の広さには驚きました。
品揃えも多いし、通路の幅が広いのが有り難いです。

池袋店は行く価値ありですね。

ちなみに買ったのはこれ。稲垣潤一「男と女5」


ユニバーサルミュージック 稲垣潤一/男と女5 -TWO HEARTS TWO VOICES- 【CD】【発売日以降のお届けとなります】

 

まだまだ忙しいですが、気分転換になりました。

年内にまたどこか登れるかなあ。無理だったら年明けに、今年こそは雲竜渓谷に行ってみたいですね。

2015年7月21日 (火)

高尾山へ行きました(7/20)

海の日に山に行って来ました。

行先は近場の高尾山。登山靴履くほどの山じゃないからと、普通のシャツ、普通のズボン、そして一眼レフを持っていざ。

到着もお昼過ぎで、山時間とは程遠い。
いつもの稲荷山コースではなく1号路でのんびり、なんて思ってたけど暑くてそれすら断念。ケーブルカーでGO。

Dsc_3618

 

山頂。さすがに皆さんTシャツとかです。
今日は景信も陣馬も行かないので即下山します。

Dsc_3622

 

日陰が欲しくて4号路で下山。ちょっとは涼しいかな。
4号路と言えば吊り橋です。

Dsc_3626

山ガールもいっぱい。楽しそうです。

実は下りもケーブルカーに乗るというヘタレっぷりでして。
足慣らしにもならない歩行時間でしたが、気持ちの方のリハビリにはなったかな。

また山に行きたいって気になりましたから。

2015年1月27日 (火)

高尾山~景信山~陣馬山(1/25)

やっと、やっと今年の初登山です。
って言ってもコースは緩やかな、登山と言うよりハイキングですけどね。

まずは、いつものように始発電車で高尾山口まで。7:08到着。

いつもは稲荷山コースで約1h。8時くらいに高尾山山頂ですが、今日は膝を庇いながらのんびりと歩きます。
何しろ次から次へ人に抜かれる遅いペース。
それでも始発で来ましたから、まずまず早い時間に山頂到着。

Jinba01

 

富士山が綺麗に見えます。
丹沢山系もくっきりと。

Jinba02

 

富士山をズーム。

Jinba03

 

高尾山から景信山へは2h、陣馬山へは5hと案内版があります。
いつもなら陣馬山へ正午前に着きますが、今日はすでにそんなペースではありません。
膝の痛みもですが、目の前がチカチカします。

で、景信山へ行く途中の一丁平で休憩。

もちろん景信山でも休憩。ここですでに11:00になっていたので、陣馬山で食べる予定の昼食をここで食べることにします。

今日はバーナー持参でカップラーメン。
たまにはこういうのんびり行くのもええわあ・・・。極楽極楽。

 

ところがですよ。

景信山を出発した途端、下りの階段が雪で凍ってます。
怖くて歩けません。

実は今回ソロではなく、師匠(鬼軍曹とも言う)と一緒です。

ここまではゆっくり歩いてくれた師匠ですが、私が下りでペースダウンした途端、どんどん離れて先を進んで行きます。

またか。

と思いましたが、先日飲み会で文句を言ったのが効いたみたいで、少し離れた所で待っててくれました。

この先も、ドロドロ道、ツルツル道を経て、目的地・陣馬山に到着です。

Jinba05

 

正午どころかもう1時過ぎ。
高尾山、景信山からは綺麗に見えていた富士山も、ここからは見えませんでした。
(さすがに昼過ぎたら無理ですね)

ここから更に1h、陣馬高原下バス停まで歩きます。

ゆっくりだったとは言え、7hは歩いたでしょうか。心地良い疲れです。

ぬかるみなど歩き辛い箇所はありましたが、厳しい急登もなく、息を切らすこともなく、楽しいハイキングでした。

今回試した「ウインドブレーカー」と「サーモス山専ボトル」については、また後日記事をUPします。

では皆さん今年も宜しくお願いします。

2014年9月19日 (金)

足慣らしに高尾山へ

膝の痛みも若干回復し、そろそろ日帰りなら歩けるかな、と言うことでお手軽な所で高尾山に行って来ました。

Takao01


いつもは稲荷山コースで登るのですが、まだ階段は厳しいので、久々に1号路です。
階段なんぞ全然無い、平坦な坂道を登ります。

Takao02


ダラダラとひたすら登ります。
と、実は上の写真は振り返って後ろ、つまり下り坂。下の写真は正真正銘上り坂。
写真にすると分からんですね。

Takao03


サル園を通り、

Takao04


蛸杉を通り、

Takao05


頂上です。痛い膝でもあっと言う間でした。ちょっと紅葉が始まってます。

Takao06


残念ながら富士山は見えず。薄っすら見えるのは二の塔、三の塔(丹沢)でしょうか。

Takao07


帰りも稲荷山コースを避け、4号路で下ることに。
吊り橋を渡り、

Takao08


贅沢にもリフトで下山です。
どうせ片道だけ乗るなら上りで乗れば楽だったんですが、下りで乗りたくなっちゃいました。
恐らく下りで乗ることなんか無いだろうし、下りの方が景色が良さそうですから。

Takao09


ここ最近は、山に登ると翌日膝が痛かったり、ふくらはぎが痛かったり。
今日は物足りない感じだったので、足慣らしとしてはまずまずでしょう。
トレーニングもそうですが、続けるコツは、物足りないくらいで止めておくことです。
今回はこんなもんで。。

2014年1月13日 (月)

初登山は痛風の足で(1/12)

年末年始の仕事(配達)は過酷でした。

12/24から11連勤。1日休んで1/5から5連勤。しかも配達区は階段ばかりの区で膝が痛くなりました。

てっきり疲労かと思ってましたが、痛みの様子や休んでも悪化する様子から、これはどうも痛風発作のようです。(もう4度目で最近は指先や甲ではなく膝に来ます)

幸い痛みは痛風にしては軽く(と言っても結構痛いですが)、まだ歩ける範囲です。

??

もしかして杖(ストック)があれば行ける?

前向きなのか無茶なのか、ストックデビューを兼ねて初登山行って来ました。

Takaosan01

いつものように朝5時出発で、7時過ぎには高尾山口到着です。

初登山は“筑波山”なんて思ってたんですが、膝の痛みで運転出来なくなると困るので、電車で高尾山にしました。

さあ、今日も稲荷山コースで登ることにします。ストックってどうやって突くんだろうか。練習しようと思ったんですが、何か高尾山だと恥ずかしいです。

普通にGパンの人やスニーカーの人が居る中で、大きなザック背負ってストック突いては少し抵抗があります。高尾山山頂まではストックを使わずに登りました。

Takaosan02

今日も綺麗に富士山が見えています。

Takaosan03

Takaosan04

やっぱり冬は景色がよく見えて良いですね。

冷えているせいか膝の痛みも若干緩和されてます。

更に足を伸ばして景信山、陣馬山を目指します。年末に登ったばかりのコースで、実際ストックなんか要りませんが、今日は練習目的もあるのでここからストックを使うことにします。

試してみましたが、ハッキリ言って、練習なんか要らなかったです。

使う前は、どのタイミングでどっちの手を出すのか?なんて頭で考えたりしてましたが、実際に歩くと自然に手足が動きます。当たり前か。

少し膝が痛いので、足を庇うため意識して強めにストックを突きます。ちょっと足の負担が軽減されている気がします。

何と言っても一番恩恵を受けたのはドロドロ道。

霜柱が解けてドロドロになった、特に坂道。

登ろうと前へ出した右足がズルッ、次に出した左足もズルッ、そんな時にストックを突くと滑り落ちずに済みます。それに地面のどこが柔らかくて、どこが比較的固いかも分かります。

Takaosan05

陣馬山到着。

Takaosan06

ここに着く頃はちょうどお昼近いので、前回同様富士山には雲が掛かってます。

人が多過ぎて座る所もあまり無く、トイレも行列。

膝も段々痛み出したので和田峠へ降りることにします。

本当なら更に山道を降りてストックの威力を試す所なのでしょうが、膝が痛いので下り坂を1時間って言うのは止めて、早い所舗装路に出ることに。

まあ何とか無事に帰宅しました。(今日は膝が痛いですが)

初ストックはなかなか良い物でした。

けど、この季節、軽アイゼンくらい持ってないと行かれる山も少ないです。

軽アイゼン欲しーい。

そして軽アイゼンが着けられる靴が欲しーい。 ← そっちもか

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

モーションウィジェット

  • 神奈川の天気
  • 長野の天気
  • 楽天