グルメ・クッキング

2017年3月29日 (水)

牛丼にも糖質制限

ランチと言えば牛丼、と言う私のようなワープアの方も大勢いらっしゃると思います。

私なんぞは味よりも値段。

従って、すき家が安いとなれば連日すき家へ行き、キャンペーン期間は松屋が安いとなれば松屋へ行く。もちろんそれは吉野家へも。

ただ、健康を考えた場合は、若干の不安もあります。野菜が全く無い肉のみですから。

 

他の人に言わせると、「節約頑張って、結果病気になったら高く付くよ」

そうなんです。それはちょっと心配。

 

さて、栄養バランスもですが、ダイエットも考えなければならない問題です。

以前はダイエット=カロリーカットでしたが、最近の流行りは糖質制限。

そして、健康とは無縁そうな牛丼屋でも、この糖質制限メニューを開発したようです。

それがこれ。

 

ロカボ牛麺、490円。

Gyumen

1食あたりの糖質量22gで、かつお、こんぶ、さばで出汁をとり、うまみをふんだんに使用したやさしい味わいのつゆに、米粉入りのコンニャク麺がたっぷり入る。すき家自慢の牛肉、トッピングしたお揚げと揚げ玉のコクがつゆに溶け込み、奥深い味わいになる。

 

牛丼並350円で連日頑張る私には、ちとお高い。

それに糖質制限メニューで、果たして肉体労働が成り立つのかも分かりません。

しかし、ダイエット停滞期の私としては、試してみる価値はあるような気がします。

これで美味しかったらハマるかもねえ。(ノ∀`) アチャー

2017年3月21日 (火)

ワープアの友・すき家です

ワープアの私にとって、すき家は無くてはならない生活の支えです。

郵便配達のバイトを始めた頃、スタート時給は1000円でした。
その頃はランチは社食で皆とワイワイ食べてました。480円也。

時給が上がって1080円になると、すぐにセコイ計算を始めちゃいます。
80円×8h=640円/日のUPかぁ。
じゃあ今までのランチ代がタダになったようなもんか。
少しは生活が楽になるかなあ。
これで夏場は自販機でジュースも飲めるなあ。

実際、夏場は水筒に麦茶を入れて持ち歩いてました。

 

ところが次に時給が上がった頃から、生活は楽になるどころか現状維持、いや、むしろ苦しくなり始めます。

会社は人件費削減を打ち出し、とにかく「早くやれ、早く帰れ、残りは明日やれ」ってな具合。

冬に冷たい雨に打たれ、凍えるように帰局しても、待ち構えていた課長から「○○分には上がれよー」と釘を刺されるだけ。「お疲れ様」のひと言もありません。

しかもその○○分という設定時間も不可能な時間。

残業代が全然入らなくなってからは、生活は苦しくなる一方でした。
(ちょうど時給2ランクdownぐらい。正に最初に逆戻り)

 

その頃からですね。社食480円を諦め、すき家にしたのは。
来る日も来る日も「すき家・牛丼並」を食べ続け。

こんな物も頂きました。

確か2等賞のすき家米・コシヒカリ。10kg。

20140216_154100

もちろん、くじで当たったんですが、ちゃんとお得意様に当たるようになってます。(笑)

 

牛丼並以外の物を注文すると、店員さんが持って来た時に、「○○で、、お間違えは無いですよねえ?」と確認するほど。

会計の時も「二百九十・・・、失礼しました。四百五十円です」みたいな?

もうすっかり牛丼並の男ですよ。

 

たまには隣の松屋(それでも松屋ですけどね)に行こうかなって日もあります。

でも店の近くを通り掛かると、店の前に居る女の子が、もう来るものと決めつけて、笑顔で「いらっしゃいませー。ここで注文受けますよー」って。

アハハ。完全にどっぷりです。

店に入る前に牛丼並を注文し入店です。

 

最近はですねえ。 またまた女の子に頼まれて、50円割引券を郵便局の休憩室に置くことに。

何枚だろう。30~40枚は貰ったような。

いや、もちろん、それ以降連日50円引きで食べてますが。

 

恥ずかしいとか、栄養がとか、そんなこと言ってられないッスよ。

これがワープアの現実です。

2017年1月12日 (木)

ファミマの味噌ラーメン

最近ネットなどで、「ファミリーマートのラーメンが美味い」と評判です。

ちょっと値段が高い(これなら弁当を買えますし)ので、これまで食べたことは無かったんですが、評判になるほど美味しいなら試してみたくなります。

で、買って来たのが味噌ラーメン。

20161010105135

作り方は簡単。レンジでチンするだけ。

てかチンもコンビニでやって貰いました。(ウチの低出力レンジだと5分以上掛かるから)

 

うん。

確かにこれは美味いわ。

味噌ラーメンの場合だと、よっぽどじゃないと不味くはなりません。だから味噌を選んだんですが、にしても素直に美味い。

 

問題は1点。

やっぱり値段。520円は安くない。

日高屋の味噌ラーメンが500円なことを考えると、やっぱり考えちゃうかな。

今度日高屋に行ったら、いつもの「野菜たっぷりタンメン」じゃなくて、「味噌ラーメン」を食べてみようかな。

なんて、ちょっと比較したくなるほど美味しいラーメンでした。

2016年12月23日 (金)

黒毛和牛弁当だと!

ランチはすき家。理由はたった1つ、安いから。

何しろ牛丼並が350円。私はいつもそれ。

最近は注文する前から店員さんに、「牛丼並ですか?」なんて先回りされちゃうほど。

カレーなんか頼んだら、「もう牛丼作り始めちゃう所でしたよ」ってな具合。

店員さんともすっかり馴染んじゃって、良いんだか悪いんだか。

 

この前、大忙しの小包(四輪)のIさんと一緒にすき家に行きました。

この人はマジメ―マンで連日3hの残業中。
昼休みも潰れがちみたいで、「たまには良い物食べようかな」と。

で頼んだのが、

Photo_gyudon_104000

黒毛和牛弁当。1080円也。

オオッ!私のランチ3日分の値段。何とリッチな。

私「お金あるねえ」

I「連日こき使われてますから」

なるほど。Iさんの時給だと残業代は1800円/時くらい。てことは、5000円/日以上は臨時収入があるってことか。

それでも凄いわ。

 

たまにはこういうお金の使い方も良いかもしれませんね。

私も買いたい物ばかりじゃなくて、食べたい物なんて選択肢も考えてみようかな。

回ってる寿司でも良いから行ってみたいです。

2016年12月11日 (日)

カレー好きにはたまらない

ブログ・いばらの道シリーズは、更に続きを書こうと思いますが、ちょいと小休止。

まあ本来このブログは「山歩き」に特化した、山歩き日記なもので、余り脱線し過ぎてグダグダになるのも、とね。

とは言っても、雪山に登らない私にとっては、冬はあまりネタが無いものです。

 

さて、そんなネタなし時期ですが、最近TVを見ていたら面白い番組に出会いました。

「マツコの知らない世界」で、レトルトカレーの特集をやってました。

日本人でカレーが嫌いな人って聞かないですよね。もちろん私も大好きです。

 

ランチでもよくカレーを食べますが、場所、時間、値段の関係から、よくすき家、松屋を利用します。

すき家の野菜がたっぷり入ったカレーも好きですし、

Photo_curry_301300

 

スパイスが効いた松屋のカレーも好きです。

Cry_original_160802

本当は、松屋のルーに野菜がもう少し入っていたら、それが好みなんですけどね。

 

TVではレトルトカレーの紹介をしていましたが、これを紹介していて、そう言えばそんなのあったな?また食べたいなと思ったのがこれ。

10倍、20倍、30倍など、激辛が売りのLEE。そのブラックカレーです。

 

お皿に盛り付けするとこんな具合。

1502232

いや、まさに包丁人味兵(漫画)のブラックカレーを思い出させる真っ黒なカレーです。

 

他にもいろいろ登場してましたね。



カレー好きには嬉しい番組でしたよ。(v^ー゜)ヤッタネ!!

2016年12月 6日 (火)

塩バターラーメンを注文、出て来たのは?

もうだいぶ昔の話です。今みたいにラーメンが多様化する前の、北海道=味噌、博多=とんこつ、みたいな時代の話。30年くらい前か。

飲みに行った帰りに「〆の一杯」てな感じでラーメン屋へ入りました。

確かお店は、極々普通のチェーン店、どさんこ。(だったかな?)

 

先輩と2人、「何を頼もうかなあ・・・」

当時は私、塩バターラーメンがお気に入りで、それを。
すると先輩も同じく。ただし大盛り。

先輩「すみません。塩バターラーメン大盛りと普通」

 

すると店長さん、「しょうね?」 ← 日本人ではないようです

あれ?大丈夫?ちゃんとオーダー通ってるかな。ちょっと心配。

Photo_2

念のため再確認、「塩バターですけどOK?」

店長「しょおゆう、OK」 ← 醤油と勘違いしてない?何かさっきより離れてる気がしますが

私「しお、しお、OK?」

店長「しょう、しょう、OK」

 

うーん、これ以上は無理。後は黙って待つだけ。

出て来ました。まずは先輩の大盛り。

4262d788

おっ、大丈夫でした。ちゃんと塩バターラーメンが出て来ました。(画像は普通盛り)

心配する必要は無かったみたい。ホッ。

 

お次は、私の普通・・・

640x640_rect_22730210_2

あらら?なぜか塩バターではなく味噌ラーメンが。

私「塩バターの普通盛りを頼んだはずですが」

店長「普通の味噌ね」

ん?

 

最初の注文を思い出してみましょう。

先輩「塩バターラーメン大盛りと普通」

あっ。

 

私達は「塩バターラーメン2つ、大盛りと普通盛り」のつもりでしたが、店長は「塩バターラーメン大盛り1つと、普通の味噌ラーメン1つ」と受け取ったのでした。

店長少しも悪びれずに「普通のラーメン言ったら味噌ね、ウチでは」

たしかに「どさんこ」ですから。

 

しかし、注文とは違う物が出て来てガッカリ。塩バターだったのに・・・

そこへ店長が追い討ち、「それならバターいれよっか?」

いやいや、そういう問題じゃないから。

今と違って当時の私は味噌ラーメンが大嫌い。先輩が「俺が味噌食べるよ」と。

ええ、もちろん私、我慢して味噌ラーメン食べましたよ。

 

しっかし、日本語って難しいですね。

2016年3月25日 (金)

キッチン南海のカツカレー

皆さんは落ち込んだ時なんかに、「これを食べると元気が出る」とか、「ここに行くと元気が出る」みたいな物はありますか?

私はあります。

ま、私の場合、この頃は落ち込むと言うと主に就活だったりします。この格差社会は一度正社員でなくなると後は非正規雇用で転々と。もう二度と這い上がれません。

私も正社員でなくなってからは、10年くらいバイト人生です。
ケーブルTVの営業(契約社員)、PCのSE(社員じゃなくてただの請負)、ドカタ(募集は社員でしたが年金・保険なしの見習い従業員)。

転職する度に環境は悪くなり、悩みと言えば就職でした。生活どうしよう、って。

 

さて。

話を少し戻しますが、私は最初の就職までは割と順調でした。
大学進学もストレート、就職もストレート。

人生はやり直しは出来ませんが、それでも「ああ、あの頃に戻りたい」なんて気持ちはあります。

で、私が就職する前(つまり大学)に4年間過ごした町・松本は大好きな町であり、今でもたまに出掛けたりします。

そこで想い出に残る食べ物と言うと、キッチン南海のカツカレーでございます。

もちろん4年も居ましたから、他にもよく出没したお店はありますが、なぜにこのカツカレーが特別想い出であり、また元気が出るのかと言いますと。

それは、もう30年ちょい昔のこと。
当時のキッチン南海は、今の場所ではなく、もっと駅前の商店街の中にありました。
それも私がよく行ったパチンコ屋(えーと、店名はマルだったかな?)の近く。

で、私はパチンコで勝つと、その勝ったお金でカツカレーを食べると言うスタイルでした。
貧乏学生だった私は、そういう時でもなきゃあ、こんなご馳走は食べられません。
ですから勝った時だけのご飯。言わば勝利飯なのです。

 

当時は単純に泡銭が入った時に食べた。それだけ(もちろん美味しいですよ)のことだったんですが、それから20年以上経ち転落人生を送るうちに、いつしかキッチン南海の想い出は、元気だった頃の自分を思い出させてくれる元気飯になっています。

しかし残念なのは、その想い出の松本・キッチン南海のカレーが変わっちゃったことです。

当時はルーは真っ黒、サラサラだったのが、いつの間にやら小麦粉入りのドロドロに変わっちゃいました。味は昔のままなんですが何か違う。

想い出が一つ消えたような気がしましたが、 後にキッチン南海が松本だけでなく東京にもあることを知ります。てかむしろ東京に本店があるチェーン店であることを知ります。

この「キッチン南海」の変わってる所は、チェーン店なのにお店毎に若干味が違うこと。

それからあっちこっちの南海を食べ比べ、下北沢の南海が一番かつての松本の味に近いのかな?なんて結論になろうとした時、もっと近い味のお店を発見!

何のこたあない、本店・神保町のキッチン南海が一番近いみたいです。

これ。ルーが真っ黒の、しかもサラサラルー。

見た目物凄く辛そうですが、実際はそうでもなく。
カツがサクサク。

Katsu

包丁人味兵に出て来るブラックカレーのような?

あれは麻薬入りの禁カレーでしたが、このカツカレーも私にとっては病みつきになる味です。

味プラス想い出の元気飯です。

 

山ブログなのに、山以外のことを熱く語っちゃいました。やっとまた正社員になるんで嬉しくて脱線しちゃいましたね。ま、たまにはね。(笑)

2015年4月20日 (月)

新横浜ラーメン博物館(4/19)

今日は新横浜に行って来ました。

何の用かと言うとですねえ。週末に新幹線に乗るための下見です。(笑)

乗り換え時間が短いので、順路を知らないで乗り遅れることの無いように下見して来ました。
私、小市民なので、こういう時は大抵下見するのですよ。恥ずかしい。

せっかくそこまで行ったんだから、ついでに、ってなわけでラーメン博物館に行って来ました。

凄い久し振り。
以前はちょいちょい行きましたが、今は「ラーメン食べるのに入場料なんて払えません」てことで全然行かなくなりました。

うーん。懐かしいですね。

ラー博自体も懐かしいけど、中の風景(昭和30年代を再現)も懐かしいです。

Rahaku

 

駄菓子が売ってたり、古ーい公衆電話ボックスがあったり、白黒テレビが点いてたり、古き良き昭和の街並みが再現されてます。

さて、肝心のラーメンは何を食べようか。

個人的に好きなのは「すみれ」の味噌ラーメンですが、今回選んだのはこれ。

一風堂のコンソメヌードル。

Ippudo


フランスの「ブイヨン」をベースに作られた黄金に煌くコンソメは、日本のだしを加えることにより今まで味わったことのないラーメンに変身します。麺はフランスパン専用粉を使用し、もちもちと豊かなコシが自慢の特製麺。
2015年5月10日(予定)までの期間限定出店。

この最後の、5月10日までの期間限定ってところが決定打となってこれにしました。

ここ横浜では、横浜家系と呼ばれるドロドロ・ギトギト豚骨スープが主流ですが、こういう透き通った上品なスープもたまには良いですね。満足しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

モーションウィジェット

  • 神奈川の天気
  • 長野の天気
  • 楽天