« 蛭ヶ岳を目指し敗退① | トップページ | ゆるダイエット、その後 »

2017年3月19日 (日)

蛭ヶ岳を目指し敗退②

前回来た時と全く同じであります。

塔の岳山頂からの出発の下り階段は、雪が積もり、階段ではなく坂道になってます。ストックを突きながらゆっくり降りる人も居ますが、ほとんどの人は軽アイゼン。
雪道が大の苦手の私は、もちろん軽アイゼンです。

しかし、少し歩くと雪は融けドロドロ道に。アイゼンを履いたり脱いだり忙しいです。てか手間です。

歩いている人達を見ると、ほとんどの人がチェーンスパイク。その方が履くのも脱ぐのも楽だし、そもそも履いたままでも雪が無い道を歩けます。

 

私はと言えば、6本爪の軽アイゼンなので、雪が無い所だと脱がないと歩き辛いです。
アイゼンを履いたり脱いだり、そして雪の上で1回転んだり忙しいです。

それでも何とか1時間、ほぼCTで丹沢山到着です。

Img_0012_3

 

こういう景色は雪があってこそですね。

Img_0013

 

さすがに雲が掛かって来ました。

Img_0014

 

今まで県内でこういう景色にはお目に掛かったことが無い気がします。素晴らしい。

Img_0015

 

さて。予定通りと言えば予定通りだし、遅いと言えば遅い11:00です。どうしたものか。

ドロドロ道なのに塔の岳から1hで来たんだから、もしかしたらこの先もCTで行かれるかも?って考えも。
蛭ヶ岳到達は無理かもしれませんが、どっちにしても、どのくらい時間が掛かるのか知っておきたいです。後どのくらい早くスタートすれば行かれるか、途中まででも歩いてみましょう。

Img_0016

 

ここで案内板の所に居た人に話し掛けられます。

A「まだ先に行くんですか?」

私「行った事が無いんで、今日はどんなもんか途中まで行ってみようかと思います」

A「私も塔の岳狙いだったんですが、早く歩けたので丹沢山まで来てみました。二度と来れない場所なんでもう少し行ってみようかな。行くんですよね?」

私「とりあえず12時まで行ってそこで考えますよ。問題はアイゼンが必要な道かどうかですね」

A「いや、きっと今までと一緒ですよ。要らないでしょ」

 

Aさん、私が居なきゃそこで帰ろうとしていたらしいですが行くことに。なかなか良い景色が待ってます。

Img_0017

 

しかし、最初の登りを終え、下り始めた途端にまた雪道。前から来る人はアイゼンを着けています。一応「必要ですか?」と聞いてみると、「あった方が危なくないですよ」とのこと。

私がアイゼンを履いていると、Aさんがスイスイと抜いて行きます。

確かAさん、ここまでと一緒だからアイゼンは要らないでしょ、って言ってたよなあ。丹沢山までノーアイゼンだったのかぁ。結構滑る箇所もあったのに、雪慣れしています。

Img_0018

 

しかしこの先は酷い、酷過ぎます。雪道かと思えば泥道。道の真ん中から端まで全部ドロドロ。もう罰ゲームでしょ、これは。

ここは平だから良いですけど、坂道だってドロッドロ。木道以外はほぼ全てドロドロの液状化現象です。

Img_0019

 

こういう所があるとホッとします。

Img_0020

 

何しろ歩き辛い、ペースも落ちますし、余計に疲れます。
丹沢山から丁度半分ぐらい来た所で1時間弱。12時ちょい前です。(この写真は帰りに撮った物ですが)

もうこの時点で蛭ヶ岳到達は諦めてますが、ギリギリの12:30まで行ってみようか、鬼岩って所までなら行かれるのかどうか。

Img_0021_2

 

もうちょっとだけ。

と更に進むと、かなり先に行ったはずのAさんが休憩しています。ナント!Aさん富山から来たのだそうです。夜中の1:00に出発して。

そっかぁ、だから「二度と来ないだろうから」なんですね?
だから雪道をノーアイゼンでスイスイ歩いちゃうんですね?

もう足がパンパンと仰ってましたが、それでも頑張ってみるそうです。ただ鎖場のことは気にしていました。(鎖場自体どうこうじゃなくて、時間ロスになることを心配しているみたいです)

私はと言えば、全然近い県内からですから、無理してアタックする必要も無いですし、あっさりと撤退することに。

まあ目標の山頂らしき物も拝めましたし。

Img_0022

 

帰りの丹沢山ではテーブルが空いてなかったので、塔の岳まで戻ってお昼ご飯です。今日はカレーパン&マロンパン。
ここで雪まで降り出しちゃって、うん、撤退して正解です。

Img_0023

 

どうも丹沢山から蛭ヶ岳へ向かう方は、GWぐらいまでは霜(柱)が融けてグチャグチャになるらしい。

早朝6:00スタートよりも、乾いた夏道を歩ける時期まで待った方が良さそうです。サクサクの雪道ならまだしも、ドロドロ、グチャグチャでは楽しくないです。

今回は敗退登山になりましたが、まあ予定通りだったので敗退ってほどでもないですね。

 

次回、いつになるかは分かりませんが、大倉~蛭ヶ岳日帰りピストン、再チャレンジします。

« 蛭ヶ岳を目指し敗退① | トップページ | ゆるダイエット、その後 »

塔の岳・鍋割山・丹沢山・蛭ヶ岳・大山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

ボクも、ドロドロ道や僅かな積雪道は苦手です…
チェーンスパイクは確かに便利で、ボクもどちらかというと
6本爪より里山での使用頻度は高いかもしれません。
ただ、着脱をサボれる便利さが登山道を痛めることにもなるので、
そこは意識するようにしています。

大倉からの蛭ヶ岳日帰りピストン!…中々ハードそうですね。
再チャレンジレポ、楽しみにしています♪

こんばんわ。マロンマロン発見!!
袋がリニューアルされましたようね。

billさん、こんばんは。

登山道の痛みまで意識するなんて、billさんご立派です。
なるほどそういう視点も持たないと。
6本爪の場合でもそのまま歩いちゃうことはあります。
特に木道の上を爪で歩くと、ちょっと罪悪感が。
そのまま歩くにしても、着脱を繰り返すにしても、低山ならチェーンスパイクの方がと思った次第です。

それにしてもドロドロ道の蛭ヶ岳は遠かったです。
7:30スタートにした時点で半分諦めてはいましたけど、いつかリベンジしたいですね。

たけぞうさん、こんばんは。

そうでした、そうでした。
たけぞうさん、山崎パン商品に詳しいですもんね。
冬場に山におにぎり(お米系)を持って行くと冷たいので、最近は手軽に菓子パンにしています。
この頃の定番は、カレーパンと甘いの1品。
今回はマロンマロンでした。(*^-^)

ドロドロ道、嫌ですよね(>_<)
こちらなら、ピン長で気にしないで歩くところですが、
そういうわけには行きませんね。

蛭が岳まで、次の挑戦楽しみにしています(^O^)/
凄いわ~shine

マインさん、こんばんは。

この日は雪の上で両足滑って背中で着地。泥の上は慎重にならざるを得ませんでした。
物凄いペースダウンです。
蛭ヶ岳は遠いですが、今思うと、ヤビツ峠から表尾根で塔の岳・丹沢山を制覇し、更に時間が許せば鍋割山までなんて言うマインさんの方が凄いです。
次に来ることがあれば、バカ尾根で塔の岳・鍋割山なんか良いかもしれませんよ。

蛭ヶ岳はそのうちリベンジします。

こんにちは!

弾丸蛭ケ岳ピストンお疲れさまでしたconfident
今回は敗退とはいえ、この雪とぐしゃぐしゃの道やろうとするのがすごいですよ!!
アイゼン着けたり外したりも大変!
登山道が乾いていたら絶対にやり通したと思います(v^ー゜)
丹沢山から蛭ケ岳、私も昼寝後sleepy偵察に行ったのですがすごいアップダウンであそこが凍結していたらぞっとしますsad
でも道は困難でも雪の花が咲いたような木々や富士山がきれいですねfuji
また季節がよくなったら蛭ケ岳リベンジですねrock
それにしてもカレーパン好きなのね( ´艸`)プププ

らるごさん、こんばんは。

今回は7:30スタートと言う、最初っから無理だろう設定の蛭ヶ岳日帰りアタックでしたが、行けそうな感触を得たので満足です。
ただ、バカ尾根登山はどうなのかな?と。
北アに登るためのトレーニングとしては有効ですが、それ自体はあまり楽しくありません。
単なるルーティンワークと化してしまっています。
そこにダイエットと言うオマケを付けちゃった結果が蛭ヶ岳だったような気がします。
ダイエットはもちろん仕事のためで、つまり山→仕事になってしまったような。

初めて涸沢に行った時は、ビールまで担いで行ったのに、最近は遊ぶ余裕が無くなって来ています。The体育会系なのかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595278/65034886

この記事へのトラックバック一覧です: 蛭ヶ岳を目指し敗退②:

« 蛭ヶ岳を目指し敗退① | トップページ | ゆるダイエット、その後 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

モーションウィジェット

  • 神奈川の天気
  • 長野の天気
  • 楽天