« また代車であります | トップページ | 牛丼にも糖質制限 »

2017年3月21日 (火)

ワープアの友・すき家です

ワープアの私にとって、すき家は無くてはならない生活の支えです。

郵便配達のバイトを始めた頃、スタート時給は1000円でした。
その頃はランチは社食で皆とワイワイ食べてました。480円也。

時給が上がって1080円になると、すぐにセコイ計算を始めちゃいます。
80円×8h=640円/日のUPかぁ。
じゃあ今までのランチ代がタダになったようなもんか。
少しは生活が楽になるかなあ。
これで夏場は自販機でジュースも飲めるなあ。

実際、夏場は水筒に麦茶を入れて持ち歩いてました。

 

ところが次に時給が上がった頃から、生活は楽になるどころか現状維持、いや、むしろ苦しくなり始めます。

会社は人件費削減を打ち出し、とにかく「早くやれ、早く帰れ、残りは明日やれ」ってな具合。

冬に冷たい雨に打たれ、凍えるように帰局しても、待ち構えていた課長から「○○分には上がれよー」と釘を刺されるだけ。「お疲れ様」のひと言もありません。

しかもその○○分という設定時間も不可能な時間。

残業代が全然入らなくなってからは、生活は苦しくなる一方でした。
(ちょうど時給2ランクdownぐらい。正に最初に逆戻り)

 

その頃からですね。社食480円を諦め、すき家にしたのは。
来る日も来る日も「すき家・牛丼並」を食べ続け。

こんな物も頂きました。

確か2等賞のすき家米・コシヒカリ。10kg。

20140216_154100

もちろん、くじで当たったんですが、ちゃんとお得意様に当たるようになってます。(笑)

 

牛丼並以外の物を注文すると、店員さんが持って来た時に、「○○で、、お間違えは無いですよねえ?」と確認するほど。

会計の時も「二百九十・・・、失礼しました。四百五十円です」みたいな?

もうすっかり牛丼並の男ですよ。

 

たまには隣の松屋(それでも松屋ですけどね)に行こうかなって日もあります。

でも店の近くを通り掛かると、店の前に居る女の子が、もう来るものと決めつけて、笑顔で「いらっしゃいませー。ここで注文受けますよー」って。

アハハ。完全にどっぷりです。

店に入る前に牛丼並を注文し入店です。

 

最近はですねえ。 またまた女の子に頼まれて、50円割引券を郵便局の休憩室に置くことに。

何枚だろう。30~40枚は貰ったような。

いや、もちろん、それ以降連日50円引きで食べてますが。

 

恥ずかしいとか、栄養がとか、そんなこと言ってられないッスよ。

これがワープアの現実です。

« また代車であります | トップページ | 牛丼にも糖質制限 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595278/65046543

この記事へのトラックバック一覧です: ワープアの友・すき家です:

« また代車であります | トップページ | 牛丼にも糖質制限 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

モーションウィジェット

  • 神奈川の天気
  • 長野の天気
  • 楽天