« PCの次はTV、そして車も | トップページ | 蛭ヶ岳を目指し敗退② »

2017年3月19日 (日)

蛭ヶ岳を目指し敗退①

最近はバカ尾根も2hぐらいで登れるようになり、後はロングランで歩けるようになれば、結構良い山を狙えるようになるかなって。

バカ尾根2hなんてペースだと後が続きません。最後の木道を帳尻合わせに1段抜かしで登ってやっと2h切るか切らないか。到着と同時にバテバテ。

今回はそういうのはやめて、ちょっとスローダウンしたら、もっと遠くへ行けるんじゃないかって思い、目指せ蛭ヶ岳!でございます。

 

ただこの蛭ヶ岳、丹沢山系の最高峰の山ですが、どこから狙っても遠いーんです。

大倉から行っても、塔の岳 → 丹沢山 → 蛭ヶ岳。
西丹沢自然教室から行っても、檜洞丸 → 蛭ヶ岳。

どこから行っても遠いってことは、ピストンだろうが、縦走だろうが遠いーわけで。

車で行って6時頃に歩き始めれば行けそうではありますが、とりあえず今回は電車&バスで行って、どのくらい遠いー山なのか体感してみたいと思います。

ちょっとでも早くスタート出来るように、平日ではなく土曜を選びます。(バスの関係で15分ぐらい早くスタート出来ます。そのたった15分がポイントになるほど蛭ヶ岳は遠いーのさ)

 

で、7:30大倉バス停をスタートします。

Img_0001

 

では、クリステル姉さん行って来まーす。
もしいつものように塔の岳まで2hで登り、更にその後も普通のペースで歩けるならば、9:30塔の岳、10:30丹沢山、12:00蛭ヶ岳ぐらいになり、十分日帰り可能でしょう。

ですがそれは無理。まずは疲れない程度のペースで歩いてみることに。

Img_0002

 

いやいや、疲れないペースって何ですか?ずーっと登りなのに疲れないはず無いだろうが。

Img_0003

 

駒止茶屋まで1時間。ついこの間と同じペースじゃないか。(前回こんなんじゃダメだ、と言ったペースですね)

Img_0004

 

堀山の家までで1時間15分。益々前回と同じペースになってます。だったら2時間10分で着くのか。悪くないじゃん。

いつもは特攻隊の零戦のように、片道燃料積んで飛ぶような、到着したら終わりのペースで2時間ですが、今日は余裕でゆるゆる登ってこのペース。( ̄ー ̄)ニヤリ

きっとこれは前日までの仕事に左右されるんでしょうね。

5連勤の翌日の山登りだと、もう登る前から足パンパンですから。

Img_0005

 

真っ白に富士山も見えて来ました。おっしゃー!

Img_0006

 

いや、それにしても登り続けだわぁ。いつものことだけど。こうなると疲れないペースを維持するとかなりのペースダウン。

Img_0007

 

花立山荘ですでに2h。タイムは気になりますが、とりあえず塔の岳山頂での富士山は拝めそうです。

Img_0008

 

ここから思ったよりも雪が。半月前に来た時は乾いてた箇所もツルツル。
うーん。下りが苦手の私ですから、こりゃ帰りの時間には余裕を持った方が良いかもなあー。

Img_0009

 

塔の岳到着。2時間半です。いつもより遅い代わりに、休憩なしで次(丹沢山)に向かえそうです。

Img_0010

 

富士山の右側には南アルプスも見えています。って他所の人が言ってました。未だにどれがどの山か全然分からないです。

Img_0011

 

さあ、時間が勿体無いのでサッサと丹沢山へ向かいます。
バカ尾根で雪が残ってたから、丹沢山への最初の下り坂は軽アイゼンが必要になると思います。

Img_0012_2

 

うーん。
前回と同じなら、軽アイゼンを履いて、そしてまたすぐに脱いでと、無駄な手間が掛かりそうです。そしてぬかるんだドロドロ道。歩き辛いこと必至です。

« PCの次はTV、そして車も | トップページ | 蛭ヶ岳を目指し敗退② »

塔の岳・鍋割山・丹沢山・蛭ヶ岳・大山」カテゴリの記事

コメント

ハルさん、こんにちは~。
お久しぶりです( ´;ω;`)ブワッ
寂しいですがいろいろと闘ってます(`・ω・´)9shine
バスで行って山に登る~いいですね(。・w・。 )
富士山の写真がすごくきれいです。
なんだかツルツルのところを行くのは怖いですね。
私だったら滑って転がってそう・・・(´▽`;)
上からー・・・何枚目だろう、7枚目?
階段を上っている写真、
なんだかその写真がすごく気に入りました。
こう、なんていうんでしょうか?(。・w・。 )???
アレンジして絵に描きたくなるような写真というか?
階段って上ってても下りてても、
物語性を感じるんですよね~( ´艸`)ムフフ
階段の雰囲気がまたいい感じです!
今日は絵を描こうかなぁ~。
素敵な記事をありがとうございましたヽ(´▽`)/

おおっ、ゆめはるさんじゃないですか。
お久し振り、大歓迎です。

ゆめはるさんだったら転がりそう?アハハ。私も転がりました。
両足滑って背中で着地しましたよ。

そうですか?この階段良いですか?
ゆめはるさんは、芸術家タイプですよね。
今日は一体どんな絵を描くんでしょう?
もう見ることは出来ないけど、こうしてコメントが頂けて嬉しいです。(o^-^o)
また時々遊びに来て下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595278/65034689

この記事へのトラックバック一覧です: 蛭ヶ岳を目指し敗退①:

« PCの次はTV、そして車も | トップページ | 蛭ヶ岳を目指し敗退② »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

モーションウィジェット

  • 神奈川の天気
  • 長野の天気
  • 楽天