« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月29日 (水)

牛丼にも糖質制限

ランチと言えば牛丼、と言う私のようなワープアの方も大勢いらっしゃると思います。

私なんぞは味よりも値段。

従って、すき家が安いとなれば連日すき家へ行き、キャンペーン期間は松屋が安いとなれば松屋へ行く。もちろんそれは吉野家へも。

ただ、健康を考えた場合は、若干の不安もあります。野菜が全く無い肉のみですから。

 

他の人に言わせると、「節約頑張って、結果病気になったら高く付くよ」

そうなんです。それはちょっと心配。

 

さて、栄養バランスもですが、ダイエットも考えなければならない問題です。

以前はダイエット=カロリーカットでしたが、最近の流行りは糖質制限。

そして、健康とは無縁そうな牛丼屋でも、この糖質制限メニューを開発したようです。

それがこれ。

 

ロカボ牛麺、490円。

Gyumen

1食あたりの糖質量22gで、かつお、こんぶ、さばで出汁をとり、うまみをふんだんに使用したやさしい味わいのつゆに、米粉入りのコンニャク麺がたっぷり入る。すき家自慢の牛肉、トッピングしたお揚げと揚げ玉のコクがつゆに溶け込み、奥深い味わいになる。

 

牛丼並350円で連日頑張る私には、ちとお高い。

それに糖質制限メニューで、果たして肉体労働が成り立つのかも分かりません。

しかし、ダイエット停滞期の私としては、試してみる価値はあるような気がします。

これで美味しかったらハマるかもねえ。(ノ∀`) アチャー

2017年3月21日 (火)

ワープアの友・すき家です

ワープアの私にとって、すき家は無くてはならない生活の支えです。

郵便配達のバイトを始めた頃、スタート時給は1000円でした。
その頃はランチは社食で皆とワイワイ食べてました。480円也。

時給が上がって1080円になると、すぐにセコイ計算を始めちゃいます。
80円×8h=640円/日のUPかぁ。
じゃあ今までのランチ代がタダになったようなもんか。
少しは生活が楽になるかなあ。
これで夏場は自販機でジュースも飲めるなあ。

実際、夏場は水筒に麦茶を入れて持ち歩いてました。

 

ところが次に時給が上がった頃から、生活は楽になるどころか現状維持、いや、むしろ苦しくなり始めます。

会社は人件費削減を打ち出し、とにかく「早くやれ、早く帰れ、残りは明日やれ」ってな具合。

冬に冷たい雨に打たれ、凍えるように帰局しても、待ち構えていた課長から「○○分には上がれよー」と釘を刺されるだけ。「お疲れ様」のひと言もありません。

しかもその○○分という設定時間も不可能な時間。

残業代が全然入らなくなってからは、生活は苦しくなる一方でした。
(ちょうど時給2ランクdownぐらい。正に最初に逆戻り)

 

その頃からですね。社食480円を諦め、すき家にしたのは。
来る日も来る日も「すき家・牛丼並」を食べ続け。

こんな物も頂きました。

確か2等賞のすき家米・コシヒカリ。10kg。

20140216_154100

もちろん、くじで当たったんですが、ちゃんとお得意様に当たるようになってます。(笑)

 

牛丼並以外の物を注文すると、店員さんが持って来た時に、「○○で、、お間違えは無いですよねえ?」と確認するほど。

会計の時も「二百九十・・・、失礼しました。四百五十円です」みたいな?

もうすっかり牛丼並の男ですよ。

 

たまには隣の松屋(それでも松屋ですけどね)に行こうかなって日もあります。

でも店の近くを通り掛かると、店の前に居る女の子が、もう来るものと決めつけて、笑顔で「いらっしゃいませー。ここで注文受けますよー」って。

アハハ。完全にどっぷりです。

店に入る前に牛丼並を注文し入店です。

 

最近はですねえ。 またまた女の子に頼まれて、50円割引券を郵便局の休憩室に置くことに。

何枚だろう。30~40枚は貰ったような。

いや、もちろん、それ以降連日50円引きで食べてますが。

 

恥ずかしいとか、栄養がとか、そんなこと言ってられないッスよ。

これがワープアの現実です。

2017年3月20日 (月)

また代車であります

愛車がフロントガラス交換になっちゃいまして。(飛び石にやられました)

 

この3連休の直前にディーラーへ行き、どんな修理が必要か聞き、たいしたことが無ければ連休後に修理。

たいしたことならば、そのまま入庫し、連休は電車で遠出もと思ってました。

 

ところが生憎どっちにもなりませんでした。

修理はガラス交換という重症。すぐ入庫しようとしましたが、代車が出払っちゃって無いのだとか。(恐らく3月って車検の人が多いんですね、ディーラーが売りたがる月だから)

「日曜か月曜のお預かりでやらせて下さい」

連休ど真ん中にディーラーに行くのは嫌ですよねえ。代車だと遠出できませんし。

で、連休最終日の今日、車を修理に出しました。

 

そのまま代車を試乗車よろしく、ドライブに行こうと思ったんですが、もうすでに周辺道路は渋滞です。

しゃあない。近場をぶらり。

 

まるで海の家のような。

Img_0001

実際は海の家ではなく、三浦朝市会場。もちろん昼ですから何もやってませんけど。

 

本日のご機嫌な代車はこれ。VWビートル。

まさにカブトムシ色。

結構可愛いです。オッサンには似合いませんが、お洒落なイケメン君なら似合いそうです。

Img_0003

 

小さいと思ってたのに、ナント車幅は180オーバー。

My車より幅が広いと何かと気を遣います。

乗る時に、「これは!」と思ったのは、スマートエントリーシステム。
つまりキーを挿さなくても持っているだけで開錠・施錠、エンジンスタートも出来るスグレモノ。

昭和世代のオッサンには、まるで手品のようです。

キーをポケットやカバンに入れたままでOKなんです。ボタン1つでエンジン始動。

 

すっげぇー便利かっつうと、実はそうでもなかったりして。

 

何かにつけ小市民な私は、いつも車を降りてドアロックした後に、必ず手でドアを引っ張ってロックしていることを確認します。

ところがロックを確認しようとドアを引っ張ると、「ガチャ」と自動的にロックが解除され、ドアが開いちゃいます。

もちろん閉めればまた自動でロックするんですが、この最後の「本当に掛かってんだろうな」の確認が出来ません。

オッサン、もう時代の波に乗ることが出来ません。

 

本当は湘南海岸や箱根あたりをドライブしたかったのですが、暗くなると自分の駐車場に上手く入れる自信が無かったので、明るいうちに帰ることにしました。

うーん。

何から何まで小市民ですわ。(*^-^)

ゆるダイエット、その後

会社から「痩せろ」と言われダイエット中です。(゚ー゚;

 

もちろん、ただ「痩せろ」と言われただけで取り組むはずがありません。

ちゃんとどこからかお医者様がやって来てですね、面談&ダイエット計画書作成なんてものもありました。

「どのくらいの期間に何kg痩せるつもりですか?」
「そのために具体的に何をしますか?」

参考資料として、脂肪を燃やすための運動量が載っていて、例えば半年で○kg脂肪を減らすには△kmのジョギングが必要、みたいな資料を事前に渡され。

しかし、仕事が配達ですから、仕事が終ればクタクタ。それからジョギングなんて出来やしません。

すると、「運動が出来ないなら、その分を摂取カロリーを減らしましょう」みたいな資料です。

 

つまり、運動or食事制限、または併用になる訳ですが、まずは自ら目標値とそれに向かっての具体的プランを作成して面談して頂きました。

 

で、具体的には、81kgだった体重を去年の73kgまで落とすと言う目標にしました。
(BMI指数で言ったら62kgが標準だそうですが、そこまではいくら何でも無理)

期間は半年ぐらいで。また半年後に面談があるそうです。\(;゚∇゚)/

 

運動? しない、しない。配達だけで十分です。ギブ。ただ月2回ぐらい山歩きしますと。

食事? ビールやめます。休みの前日だけにします。後は肉→野菜中心にと。

 

最初はキャベツばっかり食べてましたが、それも飽きて来たから、ブロッコリーとか。
(ライザップではブロッコリーとか強く勧めたりするらしいですよね)

ライザップ式の糖質制限の場合、主食(米、麺、パン)を食べなければ肉も全然OKみたいな感じです。

で、こんなメニューもあるらしい。

ブロッコリーカレー。

Img_4339300x225

お米の代わりにブロッコリー。

私はやってませんよ、これは。

これならブロッコリーだけで良いーじゃんって。でも体験者の弁も一理あります。

「カレーが食べたい欲求を満たすためのメニュー」

なるほど、ブロッコリーを食べるためじゃなくて、カレーを食べるためなのね。

 

糖質制限も、うーん。 動き回る仕事だから炭水化物も必要だし。

 

まあ、何だ。配達でそこそこ運動してる訳だし、 あまりキチキチやらんでも、ゆる~くやれば良いのではなかろうかと。

そこで週2に減らしていたビールも、糖質0のものに換え、最近は普通に飲んじゃってます。


ダイエットのためとは言え、糖質0はお高めです。ムムム。
と思ってたら、ほぼ同じ値段の新商品が。


典型的なダイエット失敗野郎みたいな感じになってますが、実際はそうでもないです。

と言うのも、それ以前は500mlだったのを350mlにしましたし、野菜中心は続けています。

まあその分、頑張って山歩きしてますけどね。

 

ただいまの体重75.5kgと言ったところ。

どうですか?

ちょっと停滞期突入ですが、膝の痛みも回復して歩けるようになったので、食事制限よりも山歩きの方を頑張っちゃおうかと思ってます。

だからですねえ、

Thumb_pdtcgr23

このぐらいの楽しみは・・・お目こぼしを。

夏までにあと3kg、頑張るぞー。ヽ(´▽`)/

2017年3月19日 (日)

蛭ヶ岳を目指し敗退②

前回来た時と全く同じであります。

塔の岳山頂からの出発の下り階段は、雪が積もり、階段ではなく坂道になってます。ストックを突きながらゆっくり降りる人も居ますが、ほとんどの人は軽アイゼン。
雪道が大の苦手の私は、もちろん軽アイゼンです。

しかし、少し歩くと雪は融けドロドロ道に。アイゼンを履いたり脱いだり忙しいです。てか手間です。

歩いている人達を見ると、ほとんどの人がチェーンスパイク。その方が履くのも脱ぐのも楽だし、そもそも履いたままでも雪が無い道を歩けます。

 

私はと言えば、6本爪の軽アイゼンなので、雪が無い所だと脱がないと歩き辛いです。
アイゼンを履いたり脱いだり、そして雪の上で1回転んだり忙しいです。

それでも何とか1時間、ほぼCTで丹沢山到着です。

Img_0012_3

 

こういう景色は雪があってこそですね。

Img_0013

 

さすがに雲が掛かって来ました。

Img_0014

 

今まで県内でこういう景色にはお目に掛かったことが無い気がします。素晴らしい。

Img_0015

 

さて。予定通りと言えば予定通りだし、遅いと言えば遅い11:00です。どうしたものか。

ドロドロ道なのに塔の岳から1hで来たんだから、もしかしたらこの先もCTで行かれるかも?って考えも。
蛭ヶ岳到達は無理かもしれませんが、どっちにしても、どのくらい時間が掛かるのか知っておきたいです。後どのくらい早くスタートすれば行かれるか、途中まででも歩いてみましょう。

Img_0016

 

ここで案内板の所に居た人に話し掛けられます。

A「まだ先に行くんですか?」

私「行った事が無いんで、今日はどんなもんか途中まで行ってみようかと思います」

A「私も塔の岳狙いだったんですが、早く歩けたので丹沢山まで来てみました。二度と来れない場所なんでもう少し行ってみようかな。行くんですよね?」

私「とりあえず12時まで行ってそこで考えますよ。問題はアイゼンが必要な道かどうかですね」

A「いや、きっと今までと一緒ですよ。要らないでしょ」

 

Aさん、私が居なきゃそこで帰ろうとしていたらしいですが行くことに。なかなか良い景色が待ってます。

Img_0017

 

しかし、最初の登りを終え、下り始めた途端にまた雪道。前から来る人はアイゼンを着けています。一応「必要ですか?」と聞いてみると、「あった方が危なくないですよ」とのこと。

私がアイゼンを履いていると、Aさんがスイスイと抜いて行きます。

確かAさん、ここまでと一緒だからアイゼンは要らないでしょ、って言ってたよなあ。丹沢山までノーアイゼンだったのかぁ。結構滑る箇所もあったのに、雪慣れしています。

Img_0018

 

しかしこの先は酷い、酷過ぎます。雪道かと思えば泥道。道の真ん中から端まで全部ドロドロ。もう罰ゲームでしょ、これは。

ここは平だから良いですけど、坂道だってドロッドロ。木道以外はほぼ全てドロドロの液状化現象です。

Img_0019

 

こういう所があるとホッとします。

Img_0020

 

何しろ歩き辛い、ペースも落ちますし、余計に疲れます。
丹沢山から丁度半分ぐらい来た所で1時間弱。12時ちょい前です。(この写真は帰りに撮った物ですが)

もうこの時点で蛭ヶ岳到達は諦めてますが、ギリギリの12:30まで行ってみようか、鬼岩って所までなら行かれるのかどうか。

Img_0021_2

 

もうちょっとだけ。

と更に進むと、かなり先に行ったはずのAさんが休憩しています。ナント!Aさん富山から来たのだそうです。夜中の1:00に出発して。

そっかぁ、だから「二度と来ないだろうから」なんですね?
だから雪道をノーアイゼンでスイスイ歩いちゃうんですね?

もう足がパンパンと仰ってましたが、それでも頑張ってみるそうです。ただ鎖場のことは気にしていました。(鎖場自体どうこうじゃなくて、時間ロスになることを心配しているみたいです)

私はと言えば、全然近い県内からですから、無理してアタックする必要も無いですし、あっさりと撤退することに。

まあ目標の山頂らしき物も拝めましたし。

Img_0022

 

帰りの丹沢山ではテーブルが空いてなかったので、塔の岳まで戻ってお昼ご飯です。今日はカレーパン&マロンパン。
ここで雪まで降り出しちゃって、うん、撤退して正解です。

Img_0023

 

どうも丹沢山から蛭ヶ岳へ向かう方は、GWぐらいまでは霜(柱)が融けてグチャグチャになるらしい。

早朝6:00スタートよりも、乾いた夏道を歩ける時期まで待った方が良さそうです。サクサクの雪道ならまだしも、ドロドロ、グチャグチャでは楽しくないです。

今回は敗退登山になりましたが、まあ予定通りだったので敗退ってほどでもないですね。

 

次回、いつになるかは分かりませんが、大倉~蛭ヶ岳日帰りピストン、再チャレンジします。

蛭ヶ岳を目指し敗退①

最近はバカ尾根も2hぐらいで登れるようになり、後はロングランで歩けるようになれば、結構良い山を狙えるようになるかなって。

バカ尾根2hなんてペースだと後が続きません。最後の木道を帳尻合わせに1段抜かしで登ってやっと2h切るか切らないか。到着と同時にバテバテ。

今回はそういうのはやめて、ちょっとスローダウンしたら、もっと遠くへ行けるんじゃないかって思い、目指せ蛭ヶ岳!でございます。

 

ただこの蛭ヶ岳、丹沢山系の最高峰の山ですが、どこから狙っても遠いーんです。

大倉から行っても、塔の岳 → 丹沢山 → 蛭ヶ岳。
西丹沢自然教室から行っても、檜洞丸 → 蛭ヶ岳。

どこから行っても遠いってことは、ピストンだろうが、縦走だろうが遠いーわけで。

車で行って6時頃に歩き始めれば行けそうではありますが、とりあえず今回は電車&バスで行って、どのくらい遠いー山なのか体感してみたいと思います。

ちょっとでも早くスタート出来るように、平日ではなく土曜を選びます。(バスの関係で15分ぐらい早くスタート出来ます。そのたった15分がポイントになるほど蛭ヶ岳は遠いーのさ)

 

で、7:30大倉バス停をスタートします。

Img_0001

 

では、クリステル姉さん行って来まーす。
もしいつものように塔の岳まで2hで登り、更にその後も普通のペースで歩けるならば、9:30塔の岳、10:30丹沢山、12:00蛭ヶ岳ぐらいになり、十分日帰り可能でしょう。

ですがそれは無理。まずは疲れない程度のペースで歩いてみることに。

Img_0002

 

いやいや、疲れないペースって何ですか?ずーっと登りなのに疲れないはず無いだろうが。

Img_0003

 

駒止茶屋まで1時間。ついこの間と同じペースじゃないか。(前回こんなんじゃダメだ、と言ったペースですね)

Img_0004

 

堀山の家までで1時間15分。益々前回と同じペースになってます。だったら2時間10分で着くのか。悪くないじゃん。

いつもは特攻隊の零戦のように、片道燃料積んで飛ぶような、到着したら終わりのペースで2時間ですが、今日は余裕でゆるゆる登ってこのペース。( ̄ー ̄)ニヤリ

きっとこれは前日までの仕事に左右されるんでしょうね。

5連勤の翌日の山登りだと、もう登る前から足パンパンですから。

Img_0005

 

真っ白に富士山も見えて来ました。おっしゃー!

Img_0006

 

いや、それにしても登り続けだわぁ。いつものことだけど。こうなると疲れないペースを維持するとかなりのペースダウン。

Img_0007

 

花立山荘ですでに2h。タイムは気になりますが、とりあえず塔の岳山頂での富士山は拝めそうです。

Img_0008

 

ここから思ったよりも雪が。半月前に来た時は乾いてた箇所もツルツル。
うーん。下りが苦手の私ですから、こりゃ帰りの時間には余裕を持った方が良いかもなあー。

Img_0009

 

塔の岳到着。2時間半です。いつもより遅い代わりに、休憩なしで次(丹沢山)に向かえそうです。

Img_0010

 

富士山の右側には南アルプスも見えています。って他所の人が言ってました。未だにどれがどの山か全然分からないです。

Img_0011

 

さあ、時間が勿体無いのでサッサと丹沢山へ向かいます。
バカ尾根で雪が残ってたから、丹沢山への最初の下り坂は軽アイゼンが必要になると思います。

Img_0012_2

 

うーん。
前回と同じなら、軽アイゼンを履いて、そしてまたすぐに脱いでと、無駄な手間が掛かりそうです。そしてぬかるんだドロドロ道。歩き辛いこと必至です。

2017年3月17日 (金)

PCの次はTV、そして車も

PCを修理したばかりですが、次はTVです。

うーん。

正確に言うとですねえ。去年の夏からすでにTVはおかしいです。

PCと同じですが、スイッチを入れても点かない。PCは電源は入っているのに画面は黒いままでしたが、TVの方はスイッチを入れても直後に切れます。

またスイッチを入れても、勝手にOFFになる。

これを数回、数十回、酷い時は30分も繰り返すと最後には点きます。

もう去年の夏には「買わないとなあー」状態だったんですが、その後割と早く点いたりして放置してました。

 

しかし、最近また一段と酷くなってですねえ。点いても画面は御覧の通り。

Img_0249

 

 

これじゃあTVを見る気になりませんよねえ。

Img_0250

 

ここまで酷くなる前はアンテナを疑ってたんですが、VTRデッキのチューナーでは普通に映ります。

てことはやっぱりTVかぁ。

もう完全に映らないチャンネルもあります。

最近はスイッチを入れても、見たい時すぐに見れないので、外せない番組は録画しておいて、TVが映る時に再生して見ています。

痛い。PC修理に4万円掛かったばっかりなのに。これだけ酷くなっても夏のボーナスまで我慢しようとしている自分。

 

と、追い討ちを掛けるように更なる出費が。

それは車。

飛び石でフロントガラスにヒビ。

数か月前の話ですが、丁度運転する時に視線のど真ん中の位置で、それからは気になって気になって。

それでも放置してたんですが、もしや車検とか通らないのでは?

ってことで本日ディーラーに行って来ました。やっぱりガラス交換だそうです。
車検が通らないとのこと。(つд⊂)エーン

不在が2割、再配希望なのに留守

ヤマト運輸が疲弊した内情を発表したことで、いろいろ知らなかった事が見えて来たような気がします。

以前から佐川=激務のイメージはありましたが、今や宅配取り扱い1位のヤマトも相当凄いことになってる訳ですね。

 

何と言っても、業務を圧迫しているのは不在=再配達じゃないかと思います。

 

私ら郵便配達(書留)でも、在宅と不在では大きな違いがあります。

在宅でハンコ貰うのと、不在で不在票を書くのでは、掛かる時間に差があります。そのちょっとの差が時間に追われてる身には痛いのです。

何か上司も居ない単独仕事は、お気楽なイメージがありますが、実際はレースのピット作業みたいな気持ちでやってます。時間に追われて、追われて・・・。

 

話が脱線してますが、不在が多いと大変なんです。

その不在率が2割って言うけど、多分地域差なんかもあって、この前のTVだと
「午前中に荷物を100個持ち出して何個配達出来たと思います?たったの1個ですよ。後は留守ですから」
なんて地域も。

大学生の下宿が多い地域だったかな?

まあね、居ないって分かってて回ってる方もどうなの?と思ったりもしますけど。

荷物の場合、書留と違って、配達して減らして行かないと奥の荷物も取り出せなくなっちゃうしなあ。

 

私が困っているのは、不在率そのものよりも、再配達を希望したのに留守って言うケース。

いや、もちろん最近はお年寄りが多いですから、呼んでも聞こえないとか、出て来るのに時間が掛かるとか、たまたまトイレに入ってたとか、仕方ないケースもあります。

しかしですよ。

信じられない人も居たりする訳で。

たまたま、急用で留守になったとか、居たのに、じゃなくてそもそも居ないのに再配達を依頼する人。

 

例えば書留配達に伺います。

留守なので不在票を入れます。これは普通のことですよね。

すると翌日すぐ再配希望が出ます。で、伺うと留守。また不在票書かなきゃーと書くと、前日の不在票がまだ入ったまま。それでも再配に来た事を示すために2枚目を書かないと。

何で自分で希望しといて留守なんだよ。くそっ。

と、信じられないことにその午後にまたまた再配希望。あれ?居たのか?寝坊か?

で、また午後に行くと、ポストの中はそのまま。つまり2枚の不在票が入ったまま。何だよこれ。3枚目の不在票を投函。

 

もう理解出来ません。

確かに最初の配達以降は、書留の番号さえ入力すれば、どこからでも再配希望は出せます。

しかし、午前、午後、夜、と言う具合に、それも数日間連続で希望が出ます。

「絶対居ないだろ、また」

と思いつつ行くと留守。

正直やってられません。

 

ネット上にね、宅配業者がお客様の荷物を足で蹴って移動している動画がUPされ批判を浴びました。

もちろんどんな事情であれ、そんなことしちゃいけないのは確かです。

が、

動画の段ボール箱、大きかったです。

あれが再配希望で留守のパターンだったら同情しますね。しかも階段を昇って配達して留守みたいな話だったら。

 

宅配ボックス設置の取り組みとか、やることはいっぱいあるのかもしれませんけど、どうなって行くんでしょうかねえ。料金値上げしたって荷物が減るとも思えないですよねえ。

配達に行って在宅だと、ホント嬉しいですよね。

2017年3月16日 (木)

アマゾン地獄

ヤマト運輸が荷物の増加でパンク寸前、なんてニュースが流れています。
私は郵便配達(しかもバイクの方)ですが、それでもアマゾンには苦しめられているので、よく分かります。

まずはネット上で紹介されている、「アマゾンの過剰包装」の実態です。

 

ライター。

560861102

 

ボタン電池。

386914816

 

極めつけはこれか、ネジ1本。

617182615

 

アマゾンの場合、 効率優先なのか、とにかく何でも同じ箱で送ります。きっとその方がいろんな種類の箱を用意しない分、安く上がるのでしょう。

しかし、これは宅配業者にすれば迷惑な話です。無駄な空間を運んでる訳ですから。

 

バイクでの配達も同様です。
郵便を次々にポストに投函して行かないと時間内に終わらないのに、アマゾンの過剰包装のせいで、対面配達を余儀なくされます。

対面配達 → 留守 → 再配達。

この図式が業界を圧迫しています。

小包ならどっちにしろ対面配達ですが、普通の追跡メールだと、「ポストに入りさえすれば!」って言うのが多いんです。

 

しかもこのアマゾン、超大口顧客のためか、かなりな激安料金なのに有り得ないくらい優遇されてます。

噂では郵便1通の値段より安いとか。(真実は知りませんが、かなり安いことは確か。小包の方はさすがにもうちょい高いのか)

そして、折り曲げ厳禁、水濡れ厳禁。

雨が降るとビニール袋に入れて。
端っこをちょっと折って投函しただけでもクレームに。
(直接お客様と事前に話が通っていれば別ですが)

DVDらしき郵便で端をちょっと折れば入るのに、端って要は何にも無い部分ですよ。だけどそれを折る勇気は無いです。

もう羽根つき餃子の羽根の部分みたいなもんですよ?

いや、それ以下です。羽根はちゃんと食べられるから。

 

こんな過剰包装ぶりを見て、さすがに端っこをちょっと折っても、お客さん文句言わないだろう。

 

なぁーんて、自分で都合良く解釈して配達すると、とんでもないことになるのが今の世の中。

クレーム → 始末書、てな感じ。

 

だけどネット通販が流行って、運輸業界は大変ですよ。

昔、佐川は配達中は必ず走って配達。
なんて言ってたけど、これイメージUP戦略じゃなくて、走らなくても良いんだけどそうしないと昼ごはんを食べる時間が無いって話でしたよね。

今はヤマトも一緒。
コンビニに配達に行ったついでにおにぎり買って、次の移動中に食べるとか。

 

正社員でさえサービス残業で苦しめられてるそうで。

下請け業者だともっと悲惨。この人達は配達した荷物の数で賃金貰うから。不在票を何枚書いても0円です。

荷物1個配達完了で100円だとか。
150個/日配達で15000円。これが平均した1日の持ち分。

けど昼は留守宅が多いから、不在票を書いてるだけ。結局夕方~夜配達で、1日の労働時間は15時間。

時給換算すると、たったの1000円。安っ。

と思ったら、下請け業者は車もガソリンも自腹だから、それらを引き、さらに車の維持費も引いたら、もうコンビニ店員でもしてた方が良いレベル。

 

ヤマトが言い出した料金値上げ。

もうそうして欲しいです。「これを機にウチが奪還だ!」なんて言い出さないで欲しいなあ。

2017年3月12日 (日)

山での挨拶は「こんにちは」それとも「おはよう」

最初に結論を言っちゃうと、どっちでも良いんでしょう。

今や職場だって挨拶しない人が多くて、むしろ山での挨拶率は非常に高い。(中には無視する人も居ますけどね)

ほとんどの人が、気持ち良く挨拶を交わすフィールドで、それ以上の何を求めてるのだろうか?どっちでも良いじゃんか。

と言われそうですが・・・

 

最初山歩きを始めた頃は、山での挨拶は「こんにちは」が定番かと思ってました。

05

私「こんにちはー」
山人A「こんにちはー」

ですが、次第に高い山にも行くようになると、早朝から行動する事も増えて来ました。
始発電車で山に行くと、8時前ぐらいには山に登り出します。

私「こんにちはー」
B「おはようございまーす」

 

そうか!まだ朝なんだ。

で、私は早速挨拶を変えるわけですよ。

私「おはようございまーす」
C「こんにちはー」

もうこうなると普段の日常生活と一緒。一般には何時頃からがこんにちはなんだろう、みたいな話になっちゃいます。

てことは人それぞれ、って話に行き着いちゃいます。

 

私の基本スタイルは、相手に合わせるスタイル。

相手が「おはよう」なら「おはよう」、「こんにちは」なら「こんにちは」です。

だって、相手の方が先に挨拶してくれてるのに、違う挨拶で返したら、わざわざ訂正しているような感じがしちゃうじゃないですか。

でも、相手が挨拶するのを待っているのも失礼ですよね。

するとどうなるか。

 

私「こんにちはー」
D「おはようございまーす」
私「あっ、おはようございまーす」

または、

私「おはようございまーす」
E「こんにちはー」
私「あっ、こんにちはー」

 

結果、このように2回挨拶することになっちゃいます。私、基本気が小っちゃいので。

04

日常のストレスから逃れに山に行くのに、小市民は何でも無いことでもストレスになっちゃいます。

 

中にはまるで無視して行く人も居ますよね。

私「こんにちはー」
F「・・・(無視)」

とか、

トレランの人で、己のタイムだけが大事みたいな人ね。
山歩きの人が走ってる人に道を譲る。しかも挨拶もしない。

 

職場でも隅っこに追いやられて、気弱に生活している自分的には、こういう他人を無視する人が許せないと言うよりは、むしろ羨ましくもあるのです。

きっとそういう人は、ストレスも溜まらないんでしょう。

 

あ~あ、人が居ない山へ行きたい。

06

ドタバタの大楠山歩き

地元低山の大楠山でまったりと過ごそうかと思ったのに、登る直前の電話で早く帰りたくて仕方ありません。

一応PCの受け取り時間帯を18~19時にしましたが、あまり遅いとそれからのセッティングが面倒臭いし、出来る事ならサッサと受け取りたいです。

それに宅配の人も、早く受け取って上げないと可哀想だし。(同業者だとついそんなことを考えてしまいます)

もうチャッチャと行きまっせ。

Img_0006

 

あっ?何だ?もう着いちゃったの?

Img_0008

 

さすがにまだ山頂ではありませんでしたが、山頂へはもう200mみたいです。

Img_0009

 

更に進んで行くと、前方に車が。

Img_0010

 

別に驚いてはいないです。知ってたから。
実はここ大楠山は、山頂目前のこの場所まで車で行かれるんですよね。
私も昔、ここまで自転車で来たことがあります。

今度は本当の山頂到着です。
大楠山ビューハウス。売店ですね。横にはむき出しの階段で展望台があります。

Img_0012

 

肉眼だと富士山が見えるんですが、写真に写すと全然見えないですね。

Img_0013

 

三浦半島。

Img_0017

 

東京湾に浮かぶ無人島・猿島。

Img_0020

 

山頂、242mの低山です。これでも三浦半島で最高峰の山です。

Img_0021

 

最近お決まりのカレーパン。一応ダイエット目的の山歩きですが、さて。

Img_0022

 

最短で降りるならピストンですが、せっかく来たんだから、予定通り衣笠方面へ。衣笠城址です。

Img_0023

 

城と言っても戦国時代のものではありません。石垣も天守閣もありません。ただ単に小高い山のてっぺんに陣地があるってだけの話でしょう。

Img_0024

 

試しにてっぺんに行ってみますが、ガーン!これだけ。

Img_0026

 

そのまま次は衣笠公園へ。 確か前回来た時はカワセミなんかも居て、意外と良い場所でした。

のはずだったんですが、信じられないことにここで雨が降り出します。

すぐに行けちゃう大楠山だったので、カッパも持たずに行っちゃいました。

慌てて衣笠城址の手前まで戻ります。ちょうど雲の境目だったらしく、また雨が止みます。

雲が流れて来るとまた降られますから、慌ててバス通りに出て、ナント!バスで帰ります。

 

あっけなく終わった大楠山ハイキングでしたが、それでもまあ楽しめました。

ダイエットもスタートから-5kgぐらいを維持しています。この停滞期を越えればまた減るでしょう。あとー3kgぐらい頑張りたいですね。

2017年3月11日 (土)

PCが返って来ました

私の仕事は休日が不定期です。シフト制って言うんでしょうか、交代で休みます。
基本日曜は休みで、他に平日1日休みがあります。

この平日休みって言うのは、意外と便利だったりします。市役所みたいな所に行く用事がある時なんかは良いですよね。

趣味の山歩きも、高速道路に乗るような山へは日曜日(休日割引)。電車で行くような山、近場の山へは平日。

 

今日は車で石割山へ行こうと思ってました。
そんなには近くないですが、高速に乗らずとも行けますし、平日の方が駐車場が空いてますから。

しかし残念、寝坊しました。

石割山に替わる候補として金時山も考えましたが、ガソリン代も掛かるし、無理に予定に無い山に遠出するのも考えちゃいます。(ちょうどPC修理の臨時出費もありますし)

それで候補地をあれこれ考えてるうちに、時間だけが無駄に経ってしまい、結論としては地元の大楠山に登ることにしました。

 

てなわけで遅いスタートです。家を10時出発。
京急の新逗子駅からバスに乗り、芦名の1つ先の「前田橋」下車。
この時点で11時半近いです。
それでも低山ですから、どうにでもなるでしょう。帰りは衣笠方面へ降りるとしますか。

Img_0001

 

いざ出発。山頂までは3.2kmです。

Img_0002

 

前回来たのは2年半ぐらい前。その時は無かった道が整備されてます。おお、いきなり川へ降りるみたいです。

Img_0003

 

何ですか川の中を飛び石が並んでいます。川の水も透き通っていて気持ち良いです。

Img_0004

 

次々と飛び石を渡り、子供の遊び場みたいです。つい先日、雲竜渓谷で川に落ちた私ですが、ここはバランス良く渡って行きます。( ̄ー ̄)ニヤリ

Img_0005

 

と、ここで突然携帯が鳴ります。

時々あるんですよ。職場から連絡が。一番多いのは問い合わせ。
「昨日○○さん宛てに××から郵便無かったか?」とか、
「△△さん宅に、同居で□□さんも居るのか?」とか。

下手に早い時間の電話に出ると、
「今日○○が急に休んだから代わりに来れないか」ってことも。

 

休日の電話に出ると、ろくなことはないですが、それでも出ない訳には行きません。

「宅配の○○ですが、SONYからのPC届けに来ましたが、今在宅でしょうか?」

はあ?何も聞いてねえよ。(て話をブログに書いたばかりですよ)

やるなあ、ソニーのサポートセンター。

普通代引き商品ってさあ、いつ頃届くかって、送り主から相手に事前に連絡があるものです。

私も普段代引き郵便届けに行きますけど、お客さん皆事前に知ってますよ。
だから朝電話すると大抵はすぐに「今日大丈夫ですよ」って。

それが今日届くなんてひと言の連絡も無いのに。
いやそれどころか、修理してますの連絡すら無かった訳だし。

「留守ですか。先に電話しといたら良かったなぁ。困ったなぁ」

いやいや、代引きですから、15分ぐらい前に電話されてもお金用意してないし。石割山に行ってなくて良かったよ。

 

もう登る前から急いで下山することを考えながらの登山になりました。

一番遅い時間帯でお願いしましたが、宅配業者の人もがっかりした様子です。

私も同業者なので気持ちは痛いほど分かります。この荷物さえ無けりゃ早く帰れるのに・・・って。

私だって事前に知ってたら、今日は出掛けずに家に居て、午前中に受け取りましたよ。

てな事情で、せっかくの大楠山ゆる登山は、慌ただしいものになりました。

その様子は次回。

 

ドタバタしちゃいましたが、何とか夕方にはPCを受け取り、無事Windows10のまま返って来ました。

やっぱりスイスイ動くPCが戻って来ると違いますねえ。(v^ー゜)ヤッタネ!!

2017年3月10日 (金)

PC修理その後

先週末にPCを修理に出しました。

起動したりしなかったり、1か月くらい騙し騙し使ってましたが、いよいよ全く起動しなくなったので、修理に出すことにしたわけ。

ところが、いよいよPCを持って行く2~3日前に、またまた起動しちゃったからビックリ。

 

Img02

 

というのも、この「ソニータイマー」と呼ばれるソニー製品の故障。いろいろ困ったちゃんなのです。

私の知り合いは、CDラジカセを使っていて、CDが全く回転しなくなったので販売店へ持って行きました。

するとお店で試した所、何の不具合もなくCDは回転し、音楽が流れて来ます。

「おっかしいなあ。ウチでは何度やってもダメだったんです」とそのまま持ち帰り。

ところが家に着いた途端、やっぱりCDは回転せず。

再度販売店へ持って行くと、信じられないことに、またまたお店では普通に動きました。

いくら壊れてると力説しても、お店では普通に動きますから相手にされません。

終いにはお店の人に、「家が傾いていて水平で無いのでは?」と言われ憤慨して帰って来たとか。

 

知人を怒らせたのはソニーじゃなくて販売店の対応ですが、それでもソニー製品には不安が付きまといます。

私のPCも一応「問題なく起動する時もありますので・・・」とは言ってありますが、さて。

 

その後、1通メールが届きました。

やはりハードに故障があったようです。修理費用は約4万円。

「修理をするか否か、メールを下さい」とのこと。

もちろん修理を依頼することにしますが、心配なのは工場出荷状態に戻っちゃうのかどうか。元々Win8だったPCを去年の無償UP期間にWin10にし、その後無償期間は終わってます。

とすると、もしWin8に戻っちゃったら、Win10になるのかどうか。(もちろん無料でって話ですよ)

てなところをやり取りしたかったんですが。

 

修理依頼のメールを出したところ、返って来た返信メールは、自動返信メール。

おまけにご丁寧に、「このアドレスへ質問メールなどは送れません」って断ってます。

しかもよく読むと、修理依頼を受信した旨も書かれてません。

 

どういうことかと言うと、

これはサーバーが自動で返信しています。

修理を依頼した方は、その後修理に入ります。

修理を依頼しなかった方へは、そのままPCをお返しします。

みたいな流れが書いてあるだけで、じゃあ私の修理依頼は依頼として受けたのかどうか、そんなことは何一つ書いてないじゃないですか。

 

結局いつ頃直るのかも、そもそも直してるのかも何も分からないまま。

返却の連絡が来ないってことは、きっと直してるんでしょうけど、何だか不安なままですよね。

最初は自分でリカバリーしろと言ってきたり、何かやる気を感じない対応でちょっと不安。

早く戻って来て欲しいなあ。(ρ_;)

2017年3月 9日 (木)

塔の岳~丹沢山

相変わらず仕事の方は欠員状態で忙しいですが、怪我の功名と言いますか、欠員のために元々の慣れた区を配達しています。

お陰様で膝の痛みも回復し、ちょっとやる気を出して、バカ尾根にアタックすることにしました。体重も去年よりだいぶ増えてしまい、どのくらい歩けるのか不安もありますが、頑張って行ってみましょう。

本日はタイムアタック的登山と言うことで、途中の辛そうな階段の写真とかはありません。後で時間を知るために、途中途中の山小屋を写しただけのつまらないブログです。
(まあ自分のメモ代わりってやつですね)

 

始発電車に乗って渋沢駅、そしてバスで大倉へ。
普通に来れる一番早い時間です。ほぼ7:30です。

Img_0001

 

登山口へ。いつものように丹沢クリステルにご挨拶して登り始めます。
と、すぐにトレランの人に抜かれます。
平日と違って日曜は若い人も多く、歩くのが速い人が多いです。

Img_0002

 

見晴茶屋。

Img_0006

 

駒止茶屋。ここで1時間は遅いかも。

Img_0007

 

ちょっと名前は忘れましたが次の小屋。
距離的には半分ちょい来たのかもしれませんが、ここからキツイ登りが続くので、時間的にはここが真ん中ぐらいでしょうか。ここで1時間ぐらいだと良かったのですが、そうは行きませんね。1時間15分経過、15分遅れか。

Img_0008

 

ブランクのせいか、体重増加のせいか、多分両方なんでしょうけど、足が前に出ません。
確か前に登った時は、息が切れて苦しかったのに、今日は全然。息が切れるほどのスピードが出ないのですよ。
花立山荘に到着。1時間45分。もう頑張っても目標の2時間切りは無理。荷物を下ろして富士山の写真なんぞ撮ったりします。

Img_0009

 

それでも何とか2時間10分ぐらいで到着。久し振りにしてはまあまあですが、それでもちょっと残念。
写真は到着直後ではなく、お昼を食べながら撮ったので9:50。良い感じの青空ですね。

Img_0010

 

この日は4月上旬並の気温と言うことで、登っている最中はTシャツ1枚。
それでも本当の春ではないので、富士山も冬場のようによく見えています。

もう疲れちゃったけど、時間は10時で早いので、隣の丹沢山を目指すことにします。

Img_0012

 

陽当たりの良い大倉尾根と違い、丹沢山への道は雪が残っています。
下り階段に雪が積り凍結。ツルツルの下り坂になっていて軽アイゼンを使うことに。
が、しかし、しばらく下り坂を降りると、後は凍結路ではなくドロドロ道。
ズブズブと足が潜ったり、ズルズルと滑ったり、歩き辛いこと。

それでも丹沢山到着。まだ富士山が見えています。

Img_0014

 

みやま山荘。
この日は丹沢山まで足を延ばす人も多く、山頂にある2つのテーブルは満席状態。

Img_0015

 

もう1つ隣の蛭ヶ岳へは3.4km。ここを目指すと往復2.5~3時間は掛かるから、もっと早い時間に登り始めないと無理ですね。始発電車でも無理ってことは、うーん、車で来るしかないか。
いつか登ってみたいですけどね。

Img_0020

 

山頂にある案内図を見ますが、蛭ヶ岳はどこから登っても遠いいなあ。

Img_0022

 

久し振りに百名山・丹沢山まで到着したから、今日のところは満足して帰ります。
帰る途中で塔の岳から。まだ富士山が見えてます。
さあて、これから私にとって一番の難所、バカ尾根の下りです。下りは膝に来るから嫌ですね。

Img_0027

 

登りタイム=下りタイムと言う、信じられない鈍足ですが、それでもかろうじて2時間を切って下山しました。これから先はいかに下りを克服していくか、それが課題です。

夏までにもう数回、バカ尾根トレをしなきゃあですね。

2017年3月 7日 (火)

古いPCでイライラ

点いたり点かなかったりで、ついに先週末PCを修理に出しました。

直るまでどのくらい掛かるのか。それと修理費も気になります。

 

てなわけで、以前使ってた旧PCを引っ張り出して使うことにしましたが・・・。

 

いや、もう、1つ頁を開くのに時間が掛かり過ぎてイライラ。

こんなに遅かったっけ?

 

遅かったんでしょう。

 

だから新しいのにしたんですから。(我慢して使えるうちは使ってたはずだから)

 

少しは動きが良くなるようにと、次々にソフトを削除。

ほとんどブラウザだけの、インターネット閲覧専用マシンになりました。

もう今日はそこまで。力尽きました。

 

しばらくは、ポチッととかいいねとか、なかなか出来なくなりそうです。ゴメンナサイ。

2017年3月 3日 (金)

湯河原・幕山に行きました

予定通りに山歩きを再開してみました。と言っても、ここ湯河原・幕山は、山歩きと言うよりは花見の場所です。

自宅から車で2時間。途中の湘南海岸も驚くような渋滞は無く、ほぼ時間通りに到着。

山肌を飾る梅は、うーん、いつもよりは色が薄い感じがします。
満開と言ってますが、恐らくは散り始めていて、丁度の見頃は先週辺りだったのではないでしょうか。

Img_0001

 

まずは梅林入口。中に入り、梅に囲まれると確かに満開のようです。

Img_0002

 

青空、そして紅梅、白梅。

Img_0003

 

本日は3月下旬並みの陽気。ポカポカ陽気なので、ゆっくり登ることにしましょう。

Img_0004

 

時間が早いのか、あまり人は多くありません。

Img_0005

 

梅の枝にはメジロが飛び回っていましたが、カメラを向けるとみんな逃げてしまいます。

Img_0006

 

山肌の梅は、ちょっと盛りを過ぎちゃったのか、色合いが寂しいです。

Img_0007

 

登って行くと眼下には真鶴半島。いつもの相模湾だけでなく駿河湾も見えます。

Img_0015

 

あっけない。実にあっけなく山頂到着。

Img_0016

 

低い山ですが、クライミングの人には人気の山だったりします。

Img_0018

膝が痛かったり、更に風邪を引いたりで、山歩きを休んでましたが、そろそろ再開です。

実は昨日雨の中をカッパを着て配達。
意外と知られてませんが、カッパを着ても結構濡れます。おまけに長靴で配達は疲労が来ます。

何だか治りかけの風邪も、そして膝痛も、ぶり返して来ました。

が、梅は見頃がありますので、今日は予定通り梅林へ。200m級ばかり登っていたので、思ったより登り甲斐がありました。

次は1000m超えを目指すことにします。

2017年3月 1日 (水)

そろそろ再開しなきゃね

雲竜渓谷以来、良い山はご無沙汰。もっぱら地元の200mぐらいの山ばかりになってます。

理由は簡単。

そらもう膝が痛かったからです。

正月でまた1人辞めて、更に仕事がキツクなりました。

と同時に新しい地域を担当することになって、そこがまた階段だらけ。足に来る。

 

元々左膝を痛めたのだって、数年前に階段だらけの区を担当した時でした。

その時は2年くらいどうしようもなかったかなあ。

サポーター無しじゃあ平な道も歩けなかったから。

やっとここまで回復したのに、また階段区とは。

で、やり始めたら痛い左を庇うせいなのか、右膝が痛くなっちゃいましてね。

 

こりゃあマズイと静養。

ついでにダイエットも。

それまではやる気あったんですよ?新ウェアも買ったし。

これ。

本格的なダウンまでは行かないけど、化繊入りウェアです。

冬も頑張るぞー!って思ってたんですけどね。

 

膝は痛いし、風邪も引いて、ボロボロでしたけど、そろそろ山歩き再開しようかと思ってます。

実は有給消化のために、1人欠員の人数を、更に減らして2人欠員で回しています。

余計キツクなるかと思いましたが、持ち分が多過ぎるので、慣れていない区は無理との判断で元の区を担当しています。

階段も無けりゃポストも近くて、こりゃあ楽チン。(膝にはね)

残業は増えましたが、膝の痛みはほぼ治りました。

 

こりゃあダイエットのためにも、山歩き再開と行きますか。

梅を観に幕山。あるいは富士山を観に石割山。去年行った竜ヶ岳も良いなあ。

体調を見ながら、いよいよGOサインかな。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

モーションウィジェット

  • 神奈川の天気
  • 長野の天気
  • 楽天