« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月23日 (水)

山の代わりに階段昇り

昨日の休みは天気も良かったのですが、年賀はがきのお届けもあったりで、山に登ることは出来ませんでした。

ならば、代わりに長い階段でも昇ってトレーニングだ。
とスマホで「横浜、長い階段」で検索、お届け帰りに向かったのは。

まずは横浜スタジアム脇を通り、

Img_0202

 

西野坂と呼ばれる244段の階段です。

Img_0203

 

別名フェリス坂。元町からフェリス女子高校へ向かう通学路です。
子供の頃、自宅近所の神社の100段階段がきつかったので期待して昇りましたが、全然たいしたこと無い。期待外れ。

Img_0204

 

せっかく来たんだからと、そのままウォーキング。外人墓地。

Img_0206

 

港の見える丘公園。横浜ベイブリッジが綺麗に見えます。

Img_0208

 

更にそこから山下公園へ。

Img_0209

 

すぐ脇にはマリンタワー。

Img_0210

 

氷川丸。

Img_0211

 

ゆったりと時間が流れています。

Img_0212

 

象の鼻パークを過ぎ、赤レンガ倉庫。

Img_0213

 

更にみなとみらいへ向かい、最後は日本丸。

Img_0214

 

いや、最後はモンベルみなとみらい店でした。

階段トレーニングは空振りでしたが、一応山トレのつもりで出掛けたので、最後はモンベルで締め。

2016年11月20日 (日)

鎌倉大仏に行きました

ダイエット始めるぞー!なんて言ったものの、特に食生活を変える訳でも無く、単に1回山の登っただけでした。

また山に登ろうと思ったんですが、ナント足が筋肉痛で階段の昇り降りも困難。
ならばウォーキングだ。
家から鎌倉まで3h歩くぞ!と思いつつ最寄り駅でやっぱり電車に乗っちゃいました。

しかも気が付けば江ノ電まで乗っちゃって、最短で長谷駅まで。
別にダイエットなんか、根性見せるようなもんじゃないし。

そろそろ紅葉かと思ったんですが、もう少し先みたいです。

Img_0001

 

やっぱり歴史を感じさせますね。心が落ち着きます。

Img_0003

 

GWとこの季節は観光客が多くて、駅からの歩道は1列になって歩くような状態。
それでも何とか写真が撮れました。

Img_0004

 

どの角度から見ても恰好良いわ、鎌倉大仏。

Img_0005

 

それでもこの角度が一番かなあ。

Img_0008

 

何となくこの鎌倉大仏って男前に見えるのだけど気のせい?

Img_0009

 

正面も撮っときましょうね。

Img_0010

 

やっぱりまだ紅葉って感じじゃないですね。

Img_0011

 

さて。 ここを出発点にしてウォーキングしましょうかねえ。

この後、鶴岡八幡宮を経由して北鎌倉駅まで歩きました。電車の駅にして4駅分くらい。iPhoneのアプリによれば、歩行距離は13.4kmでした。

早いとこ筋肉痛が治れば、次の休日はまた山を狙いたいものですね。

2016年11月19日 (土)

大山に行きました②

山頂から下社目指して下山。途中の見晴らし所も人でいっぱい。さすがに紅葉の名所だけあって人口密度が高い。
平日だからまだ良いですが、土日だと車も途中のどこかのグラウンドまでだし、バスもかなり待たされるし大変です。

さて下社到着。

Img_0022

 

土日はここのお詣りも大行列ですが、今日はパラパラ。

Img_0026

 

これ!この目に突き刺さるような真っ赤な紅葉。今日初めての真っ赤。

Img_0027

 

下社から見下ろすと綺麗な景色です。

Img_0031

 

ここからケーブルカー駅へ向かって下山すると分岐があり、男坂、女坂と分かれています。体力に自信がある方はつい男坂へ行きたくなりますが、ここは女坂がお薦め。

なぜなら女坂を進むと、その先に大山寺があり、ここがこの大山で一番の紅葉名所だからです。(土日はライトアップあり)

Img_0032

 

こんな感じ。ここを通らなきゃ勿体無いですよね。

Img_0033

 

素晴らしい。行って良かった。

Img_0034

 

平日だと写真も撮り易いです。土日は人、人、人ですから。

Img_0035

 

久し振りの山歩き。やっぱり気分爽快。仕事で歩き回るのとは大違い。
まだ低山は紅葉真っ盛り。次はどこを狙おうかな。

大山に行きました①

去年と同じく、夏に北アで燃え尽きて、山もしばらくご無沙汰。
それでも紅葉シーズンにちょっと出掛けてみる気になりました。怠惰な生活で体重ナント8kgもUP。ダイエットも兼ねて大山へ。

いつもは始発電車で行きますが、乗り気なのかそうじゃないのか、7時頃の電車で出発。
最短ルートは伊勢原からバスですが、私がいつも行くルートは蓑毛から徒歩。

ヤビツ峠までバスで行くのが普通ですが、ヤビツまで行っちゃうと歩く距離が短いから敢て蓑毛までにして歩きます。
(今日は遅いので、乗りたくてもヤビツ峠行きのバスはありませんけどね)

蓑毛バス停到着。遅いです、10時スタート。

Img_0001

 

蓑毛~ヤビツ峠までは約1h。そして最初の登りが一番の難所です。(写真の坂のすぐ後に急登が控えています)

Img_0003

 

空は青空、山は黄葉。気分が盛り上がります。

Img_0005

 

所々にはちゃんと紅葉も。

Img_0006

 

今日はカッパも水も持たないライトウェイト・ハイキング。いつもより早いペースでヤビツ峠到着です。50分ぐらいかな。

Img_0007

 

では塔の岳・表尾根とは逆方向に登ります。バス停の上にはちょっとした広場があって、1本綺麗な紅葉です。

Img_0010

 

ここからは結構急な上り坂が続きます。それでも半分歩きました。

Img_0011

 

初めて平な道です。またすぐに登りですが。

Img_0012

 

途中見えるはずの富士山も雲に隠れ、伊勢原方面(ケーブルカー)からの合流地点を過ぎると鳥居があります。もう山頂はすぐそこ。

Img_0015

 

大山・阿夫利神社の鳥居です。

Img_0016

 

阿夫利神社本社。山によくある山頂が本社、登山口に下社、のパターンです。
ただしここは下社も山の中腹にあり、そこまで行くにもケーブルカーで行きます。

Img_0017

 

塔の岳よりは楽チンかと思いましたが、意外と標高がありました。1247m。
スタート地点の蓑毛バス停が316mですから930mは登りました。
930mを2h弱ですから、確かに急登でしたね。久し振りにしてはよく歩けました。

Img_0018

 

神奈川県内の平野が一望。遠くの方の山も微かに見えています。

Img_0019

 

さあ、下山途中の下社周辺が紅葉スポットです。いざ紅葉へ。

2016年11月12日 (土)

三島スカイウォーク

やっと腰痛も治まり普通に歩けるようになりました。そして久々の連休。

おしっ!久々に山だ。

と思ったんですが、年賀はがきのお届け(配達地域じゃない人には休日を使ってお届けしています)もあって早朝出発は出来ません。そんなに早くお届け出来ないですから。

で、普通の時間に出て行きたい所・・・

と考えて三島スカイウォークに行くことにしました。。400mの大吊り橋。すぐ近くに富士山も見える。

 

てなわけで、まずは湘南海岸を西へ。稲村ケ崎から少し過ぎた辺りで、江の島と一緒に富士山が見えます。

この時点で山頂以外は雲が掛かってますから、到着する頃は上まで雲に覆われているかもしれません。この先渋滞もあるのでちょっと不安。

Img_0183

 

西湘バイパスの休憩ポイントで海を撮影。目的地はここで良いんじゃないかって思うほどの綺麗な海です。

Img_0185

 

三島スカイウォーク到着。駐車場は満車で、臨時駐車場に案内されました。入場券売り場も行列、賑わってます。

この大吊橋、2000人まで乗っても大丈夫だそうです。(写真中央に富士山が写っているの分かりますか?)

Img_0001

 

拡大。頂上が僅かに見えるだけです。

Img_0002

 

結構長い吊り橋です。

Img_0004

 

揺れるって言うから上下にユッサユッサ揺れるのかと思ったら、ローリングしてます。ねじれて揺れる感じで思ったより怖い。

下の写真は空いているんじゃなくて前の人がゆっくりしか歩けなくて、やっと抜いたら前とこんなに離れてましたって写真。

Img_0005

 

前を歩くおばちゃん達なかなかです。と言うのもお年寄りの方々は皆手摺に掴まって歩いてたから。人が少ないと揺れも少ないみたいです。当たり前か。

Img_0006

 

青空も広がってますが、、、

Img_0008

 

こんなに暗い雲も。富士山ギリギリでしたね。まっ、良しとしますか。

Img_0011

 

動画じゃないから揺れているのは伝わりませんが、本当予想してたよりも揺れます。

左側通行になってますが、前の遅い人を抜こうと右側に行くと、一瞬バランスを崩しちゃって怖いかも。

Img_0190

 

さあ、ここまで運転しても腰は大丈夫だったから、いよいよ明日は山再開。

と行きたい所ですが、さて。

2016年11月11日 (金)

恋のゴンドラ/東野圭吾

一時期、東野圭吾作品を読み漁っていました。

東野圭吾ミステリーは、いつ読んでも最後のどんでん返しが秀逸で、「してやられた感」を味わうのが好きでした。

ただ、ミステリーは読んでいて疲れる面もあります。ついつい推理しながら読んじゃうので、読んでいる途中なのに「伏線があったんじゃないのか?」などと戻っちゃったり。

 

今月発売の新作は、うーん、これはミステリーとは無縁ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

恋のゴンドラ [ 東野圭吾 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/11/11時点)

 
真冬に集う男女8人の運命は? あの東野圭吾が“恋愛”という永遠のミステリーに真っ向から挑む。衝撃の結末から目を逸らすな!

 

永遠のミステリーなんて煽って、無理矢理ミステリーにしたいみたいですが、これ、ただの恋愛小説です。

もちろん登場人物が、次々と不思議な縁で結び付いているのは小説ならではですが。

まあ、変に推理とか要らないから、読んでいて疲れません。ほのぼのと銀世界の恋愛に浸れます。

 

そう言えば、一つ前に読んだ「危険なビーナス」も、一応どんでん返しと言えなくも無い結末があるものの、これもまた恋愛小説と言った方が良いのかもしれないなあ。

しかも、こっちは中学生の恋愛か?って感じでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

危険なビーナス [ 東野 圭吾 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/11/11時点)

と言いながらも、そんな平坦なストーリーでもついつい読み進めてしまいます。

 

どんでん返しばかりだと疲れちゃいますからね。

そんなことを感じた最初の作品はこれ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夜明けの街で [ 東野圭吾 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2016/11/11時点)

最初に読んだ時は、あまりにミステリーから離れてて歯痒かった気もしますが、それでもたまにはこんなのも良いかなあ、とも思いました。

 

今月はもう1作品出るようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

雪煙チェイス [ 東野圭吾 ]
価格:699円(税込、送料無料) (2016/11/11時点)


本格ミステリーの方も期待しますが、たまにはこういう路線も有りかなあ。

2016年11月 3日 (木)

ダメレジにほっこり

格差社会のせいなのか、はたまた個人情報保護法のせいなのか、最近はお互いが助け合う社会なんて感覚が薄くなっています。

自分より良い思いをしている人間の足を引っ張る。

他人のミスを追及する。

そんな中、仕事が出来ない人(ただし新人さん)を見ると、心がほっこりしちゃいます。

 

ダメなレジ、って言うとどんなレジでしょう。

 

まあ本当に困るのは遅いレジでしょうか。
大型スーパーなんかで比較的短い列に並んだはずなのに、そこがやたらと遅かったりすると、ちょっとイラッとしますよね。

 

コンビニなんかでもあります。
「お箸入れときましょうか?」
「お願いします」

入ってねえし。

 

まあ他にもいろいろあるでしょうけど、この前のレジの新人さんには驚きました。

名札に「研修中」って書いてあったから、作業中に話し掛けるのは可哀想と思い、全部レジが終った瞬間に、

「あとファミチキ下さい」

と、追加注文。

「ファミチキですね?お待ちください」

ピッ。(レジを通した音)

 

で、お金を払おうとしたら新人店員さん、それからさっき通した商品を次々にピッ、ピッ、とレジを通し始めました。

おい?

で、ほぼ2倍の料金がレジに表示され。(2回通したんだからそうなるわなあ)

さすがに高過ぎておかしいと思ったんでしょうね。フリーズしています。

「さっきさあ、一度レジ通したじゃん」

固まったままです。

「えっとぉ」

やったミスは何か分かったみたいですが、どう処理(修正)して良いか分からないみたい。

 

考え中、

考え中、

考え中。

 

正解が分かったみたいで、レジから一度通った商品分を削除してくれました。

いやいや、ここまでのミスは初めて。

あのまま2倍の請求されたら、お年寄りだったら払っちゃうかもよ。

危ない危ない。

誰でも最初はいろいろやらかすもんです。

ガンバレ!

ってね。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

モーションウィジェット

  • 神奈川の天気
  • 長野の天気
  • 楽天