2017年5月25日 (木)

思ったよりも重症です

膝の痛みが、数年前と同様に悪化しています。

配達と言う仕事柄、膝、腰、足首、その辺りが痛い人は大勢居ます。

私も月に2回ヒアルロン酸注射を打っていますが、結構注射を打ってる人も居ますし、他にも漢方薬だのロキソニンだのと、騙し騙し働いている人は多いです。

 

昔一度手術している膝ですが、3~4年前に階段だらけの配達区を担当した時にパンクしました。階段を一段登る度にパキッ、パキッと音がして、日毎に悪化して行き、終いにはサポーター無しでは平らな道も歩けないほどに。

その後、階段区を外して貰い徐々に回復していたのですが、班が変わって今年また階段区を担当することに。

「膝が痛くて通院している」ことは班長に伝えてあるのですが、「大変なのは自分だけじゃないから」なんて言われてしまっています。

大変な区は新入りにやらせるのが常なこの会社。結局他人の痛みなんて分からないものです。

 

痛みが酷い日だけ飲んでいたロキソニン(痛み止め)も、毎日飲むようになり。

そして今はサポーター着用まで逆戻りです。

それでも何とかなってはいたのですが、本日ショックな出来事が。

 

今日は休日だったので、痛み止めの薬は飲まず、そして久々にサポーターを外して普通に町を歩いてみました。

そうしたら歩けないのですよ。

一応歩いてはいるんですが力が入らない。ちょっとも走れない。ここまで症状が逆戻りしていたなんて思いませんでした。

もちろん力が入らないだけじゃありません。歩くだけで痛みます。

階段を下りると痛いのは分かってましたが、痛み止めを飲まないと平な道もダメなのかと。

ショックです。一昨日病院で注射を打ったばっかりなのにこの痛み。

 

仕事が出来なくなったら困ります。

藁にもすがる思いで一冊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

渡辺式ソフト屈伸でひざ痛が消える! (TJMOOK) [ 渡辺敦也 ]
価格:950円(税込、送料無料) (2017/5/25時点)


痛いからと言って安静にしている(歩かない等)と余計に悪化するそうです。

ここに書いてあるリハビリメニューは、椅子に座って膝を曲げ伸ばしするとか、それこそ何にも運動していない人用のメニューです。

配達なんかして走り回ってたらきっとダメなんでしょうね。

登山もダメって書いてありました。

お医者さんから「走っちゃダメ」とは言われてますが、登山もダメは勘弁だよ。

どうしたものか。

 

北アに行くため、他の山行は我慢するか・・・。

いや、そもそも北アが無理だろうよ。

せっかく去年正社員になって有給が貰えるようになったと言うのに。トホホな話です。

山ごはん試作中

今年の山ごはんは、カレーパーティー?カレーメシ?

去年は冷やしうどんを作ってみましたが、お米も捨て難いです。
ただ、ご飯を炊くのはちょいと大変。アルファ化米でもお湯を注いで15分は掛かります。

と、その話は置いといて、試作品を作ってみました。作るのは至って簡単。

材料;カップスープ「きのこのポタージュ」、粉チーズ、ごはん。

山ではなくて自宅で作ったので、普通にごはんを使いましたが。

Img_0281

 

参考文献は多分これ。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

げんさんの山めしおつまみ [ げんさん ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/5/25時点)


多分ってどういうことよ?って言われそうですが、本屋さんで立ち読みしただけなので。

ご飯はわざわざ炊かなくても、コンビニおにぎりの海苔だけ外して使えばOKだそうです。おにぎりの中の具によって味付けを変えることも出来るかもしれませんね。

また山に行きたいなあ。

2017年5月23日 (火)

シャクナゲを見に天城山へ②

Mさん、遠征の疲れも見せずスイスイ登ってます。

Img_0017

 

ではシャクナゲの写真3連発です。

Img_0018

Img_0019

Img_0020

 

花が咲いていると自然と歩くペースもダウン。助かります。
で、無事に山頂到着です。

5レンジャー登山の練習(ゆっくり歩く練習ね)と言う事で。
本日はモモレンジャー&ミドレンジャーの練習登山でした。(ゆっくり歩く練習です)

Img_0021

 

本日の山ごはんはコレ。お湯を注ぐだけでカレーが食べられるカレーメシ。
発案はMさん。これ美味いわぁ。Mさんグッドジョブですよ。(*^ー゚)bグッジョブ!!

何か知らないうちにカップ麺のような丸い容器になってます。確か前に食べた時は四角い容器だった気がするんですが。

201608029_01

 

そう、これこれ、こんな容器だった覚えがあります。

201409018_1

 

下の四角いのは水を注いでレンジでチン。上の丸いのはお湯を注ぐだけ。 そう言えばレンジで作った覚えがあります。

お湯を注ぐだけなら山でもいけますね。

デザートのイチゴも美味しかったです。ありがとうMさん。

てなわけで山頂でまったりと1時間半も休憩。ゆる登山サイコー!

 

さあ、後は下山だけ。本当は下山コースの方こそシャクナゲがいっぱい咲いているんですが、下山も渋滞で行列のまま下山。立ち止まって写真を撮るチャンスもなかなかありません。

Img_0024

 

隙あらば前の人を抜こうと急ぐMさん。ゆる下山どころか、時々走っちゃってます。
(膝が痛い私は涙目)

Img_0026

 

もう元気、元気。山大好きガールですから。
天気も良く、ちょっと暑かったけど最高の登山日和。楽しかったです。

次はいよいよ5レンジャー登山かな?(まだ3レンジャーしか居ませんが)

それまでに、もう少しゆっくり歩く練習をしないと。てか、してもらわないと。(笑)

2017年5月21日 (日)

シャクナゲを見に天城山へ①

例年冬は山に登りませんが、それにしても今年は全然登ってませんわ。

3月蛭ヶ岳、4月陣馬山、その前は膝が痛くて近場の低山をウロウロ。(実はまた膝が痛いのですが)
そんなこんなでソロだとすぐにサボっちゃう私ですが、今回はソロではないのでやる気満々。

5月20日(土)
本日のバディは、山大好きガール・超健脚のMさんです。
やる気出さないと置いてきぼりになりそうなので、真面目に登ることにします。
天城山(百名山)は、この時期にはシャクナゲが見頃で、Mさんも前から見たかったとの事で御一緒することに。

小田原駅で待ち合わせして、そこから箱根新道&伊豆スカイラインを通って天城高原ゴルフ場へ。
100台近く停められる大駐車場があるんですが、9時と言う遅い時間で果たしてどうでしょうか。

Img_0001

何とか停められました。

 

登山者用駐車場へ着く手前のゲートで、すでに何台も車が停まっていて、しかもそのゲート前も満車状態でしたので、「こりゃあもうダメか?一応行ってみるか」と中に入るとやっぱり満車。

どうなるの?と思ったら係員の方が中へ誘導してくれました。
で、白線の枠の無い所へですが停めさせてくれました。助かりました。

早速すぐ脇の登山道入り口から登り始めます。

Img_0002

 

本日の行程(あくまで予定)は、万二郎岳→万三郎岳→小岳と登り、シャクナゲを見ながら下山と言うコース。一応目指す山頂は万三郎岳になります。

まずは無事に万二郎岳到着。人が多くて渋滞登山。これならドM登山になる心配もありません。ゆるっと行きましょう。

Img_0007

 

風車が並んでいます。日常とは異なる風景に癒されます。

Img_0008

 

万二郎岳から万三郎岳へ向かう途中に、富士山が見えるビューポイントがあるそうですが、今イチどこか分かりません。

ですがルート脇のちょっとした岩場で「富士山が見えるよ」と教えてくれる人が。
岩場に乗ると確かに富士山が見えます。
山頂部分だけが宙に浮かぶように見えています。

Img_0009

 

こんな感じ。どこから見ても富士山は感動をくれます。

Img_0010

 

シャクナゲもちらほらと咲いていますが、それとは別に「アセビのトンネル」と言う場所があり、アセビの枝が両側から垂れ下がりトンネルになっている場所が。

Img_0011

 

肝心のトンネルの写真は撮りませんでしたが、アセビの花は撮りました。

Img_0012

 

もちろん一番の目的であるシャクナゲも咲いていますよ。これを見に来たんですから。

Img_0013

 

シャクナゲを見ながら、万三郎岳を目指します。(つづく)

2017年5月 5日 (金)

多摩動物公園

昨日5/4は東京の動物園・水族館は無料デーで、あっちこっちで大混雑だったようです。そして今日5/5は多摩動物公園の開園記念日。ここは2日連続の無料デー。予想通りの混雑ぶりです。

ここは敷地面積が広いので、動物を見ながらウォーキングみたいな感じで結構好きな場所です。ただ山に登り始めてからは行ってないのかな。

すぐ近くに高尾山があるから、ここに行くなら高尾山に行っちゃいますね、最近は。
今日は膝が痛くて山は無理そうなのと、やっぱり“無料”に惹かれて行ってみました。

Img_0002

Img_0006

Img_0007

Img_0010

Img_0024

Img_0030

Img_0032

Img_0034

Img_0041

Img_0049

Img_0052

ライオンバスの運行はありませんでした。と同時にライオンの展示?もなし。

 

以前は興味が無かったツキノワグマに妙に興味が湧いちゃいまして。
やっぱり山で遭遇するかもと思うと、じっくり見たくなりました。

アハハ。こんなのに遭ったら確実に殺される自信ありですね。
今のところ遭遇したことはありませんが、今後も遭いませんように。

2017年5月 3日 (水)

ダイエット頑張らにゃあ

会社から「痩せろ」と言われて2か月。もうやる気が薄れてます。(笑)

一応会社には「ダイエット計画書」のような物を提出。

私の身長だと標準体重は62kgぐらいなのだそうだが、81kgが62kgになる訳が無い。

 

お医者さんとの面談では、
「筋肉質なんで62kgは無理ですよー。体脂肪率20%切りぐらいで勘弁して下さいよー」などと言い訳をしつつ、半年で72kgを目指すことに。

私、やるときゃやる人(最近誰も認めてくれないので自分で言いますが)なので、1か月で-6kg達成。

2か月目で早くもリバウンドし始めてます。( ̄Д ̄;;

Img_0277
(自分ではもうちょい痩せたつもりでしたが、写真を撮ったら標準体型とはかけ離れてます)

 

さて。
そんな上からの強制とは別に、もう1つダイエットをしなきゃならない理由が出来ました。

 

パチンコとバイクの話でしか盛り上がらない職場ですが、ついに山登りをする人を見つけました。

 

配達がメチャクチャ速い20代のT君。
彼に何があったのかは知りませんが、一昨年突然道具を買い揃えて単独で山登りをして来たそうです。

行った山は天城山、「最後の階段は2段抜かしで登ったら息が上がっちゃいましたよ」
(当たり前だっつうの、てかT君と一緒に登るのはオジサンには無理だな)

一体何があって突然の山登りなのか、そしてその後T君はどこへも登ってません。

ちなみにT君、山登りをする友人が居て、あっちこっち誘われてるらしいですが毎回断ってるみたいです。山道具も揃ってるのに勿体無い話です。

そんなT君が突然、
「今度例の友人と両神山へ行くことになりましたよ」
「へえー、また登る気になったんだ?じゃあ今度オジサンとも登ろうよ」
「良いですよ」

おっ、やった~、ついに山友ゲット。

と、そこへ更に配達が速い元陸上部のS君登場。
「えっ、何ですか?山登るんですか?俺も行きますよ。何なら俺ビール担ぎますよ」

 

これはマズイわ。

T君だけならきっと一緒に歩いてくれるでしょうが、そこへS君も参戦となると話は変わります。
恐らく2人でワイワイやりながら、ドンドン先へ行っちゃうでしょう。

そして多分、
「遅いですよー。ファイト!」
なんて言われるのが想像出来ます。

 

2人とも痩せ型で、体重だって50kg台、60kg台。
いくらオジサンがダイエットしたところで敵いませんが、それでも少しは努力しないと。

けど、仕事がストレスなのに、山までストレスになったら困っちゃいますね。

T君に「一緒に登ろうか」なんて言った事、少し後悔しています。

 

両神山から帰って来たT君ですが、またまたかなりのオーバーペースで登った様子。

笑顔も無けりゃあ、「良かったですよー」のひと言も無いです。(・∀・)ニヤニヤ

この分だと、また当分登りそうも無いなあ。オジサン命拾いしたかも。

しばらく静観ですね。こっちから声を掛けるのは止めときます。

そして密かにダイエット頑張るぞー!

高尾山から陣馬山へ②

さあ、富士山は見えるかな?
と私も振り返ると、まずまずの富士山です。

いや、この季節にこれだけ見えれば満点、100点です。

Img_0001_2

 

山頂到着です。

Img_0002

 

高尾山~景信山~陣馬山への縦走路は、起伏が少ないのでトレランには持って来いのコース。いつも誰かしら走ってますが、この日は大人数のグループも。

Img_0003

 

陣馬山は、陣場山とも書きます。どっちも正しいようですが、私は一応“馬”の方で。

Img_0018

 

ポカポカ陽気で最高です。鯉のぼりも泳いでいます。

Img_0022

 

もう1回富士山を。やっぱり綺麗だわ。

Img_0025

 

名残惜しいですが下山します。

Img_0023

 

久々の山歩きでしたが、結構楽しめました。

Img_0028

 

桜が終って、私にとっての山歩きシーズンです。
今年はちょいと初めての山も狙ってみたいですね。

そのためには、ダイエットも頑張らねば。
今回は、ウエイトオーバーでバテバテでした。 ( ̄○ ̄;)!

2017年5月 2日 (火)

高尾山から陣馬山へ①

久し振りに山へ行って来ましたよ。

雪山へは登らない私は冬は山はお休み。
4月も桜ばっかり追い掛けているので山はお休み。
6月は梅雨で山はお休み。
8月に北アに行くとしばらく放心状態で山はお休み。

あれっ?
俺ってば、ちっとも山好きじゃないのかも。(゚ー゚;

 

まあそれはさておきですね、1か月以上のブランクなので、登る山はサクッと高尾山。

地元を始発で出ると到着するのは7:30頃。
ケーブルカー乗り場は、あっと言う間に行列に。今日は臨時便も運行される模様。

Img_0002

 

さすがGW。ケーブルカーと1号路(舗装路)に人が集中し、私が登る稲荷山コースはあまり人が居ません。これなら渋滞もなく快適かと思いきや。

信じられないことに、最初の、そうホントに最初の階段で息切れッス。先が思いやられます。

てことで、展望台には登らず、オールまき道で山頂へ。最後の200段の階段もクリアして高尾山到着です。

Img_0275

 

ちょっと靄ってますが、まずまず綺麗な富士山が拝めました。まだ時間も早いのでそのまま景信山へ向かいます。

Img_0004

 

途中の一丁平。

Img_0006

 

たまには花の写真も。

Img_0007

 

景信山到着。まだまだ早いので、ここではのんびり休憩することに。
いつもノンストップで歩いちゃいますが、20分も休憩しちゃいましたよ。
まったりの休日。のんびりしないと勿体無いほどの好天です。

Img_0011

 

高尾山山頂よりよく見えてます。これなら陣馬山山頂でも綺麗に見えるかも?
ってことで陣馬山へ向かいます。

Img_0012

 

陣馬山到着。皆さんカメラを構えるその先は・・・
そうです、富士山の方向です。

富士山って、朝は綺麗に見えていても、大抵お昼には雲が掛かっちゃいます。このコースだと陣馬山到着はお昼頃、なかなかここからはスカッとは見えないのですね。

Img_0015

 

さて、富士山の姿は・・・、コマーシャル2の後で。

じゃなかった②へつづく。

2017年4月27日 (木)

桜追っ掛け第四弾・高遠城址公園②

今年も休日は桜を追っ掛けていたのに、まだたったの第三弾かぁと思ったら、第四弾でした。訂正します。

ほぼ開園と同時に到着した高遠城址公園でしたので、まだ時間はたっぷり。
ならばと、私の大好きな町、学生の頃に住んでいた町・松本へ移動します。

学生の頃というのは大学生の時です。
実は農学部が伊那市(正確には南箕輪村)にあり、当時バイクで何度か伊那市に行った事があります。

当時は何もお店も無く、伊那に行くとユニー(スーパー)へ行くのがお決まりでした。
その頃を懐かしく思いつつ、当時は無かった高速ではなく一般道で松本へ。

 

当時何度も往復した道を走れば、その頃の記憶が蘇って来るかと思いましたが、意外と記憶に残ってません。
それほど頻繁に行った訳ではなかったからなのか、あるいは年数が経ち過ぎて景色が変わってしまったのか。(昔は無かった建物がたくさん建っていました)

もう35年ぐらい経ちますから、それも当然でしょう。

 

松本へも、一応桜追っ掛けの続きという事で、松本城へ。先週辺りが満開で、確か夜桜のライトアップなんかもやってたはず。

ですが、行ってみるとすでに葉桜。ちょっと寂しい感じでした。

Dsc_3918

 

それでも青空を背景に、松本城はいつ見ても素晴らしい。
このポジションが写真屋さんも常駐する、恐らくベストポジション。

Dsc_3921

 

ちょっと移動して、桜の枝を入れてみます。

Dsc_3922

 

更に移動し、背景には北アルプス。今日は良く見えています。

Dsc_3928

 

桜が満開ならば、もっとあっちこっち回ってみたかったですね。

数年前に訪れた時に見た大学の桜も素晴らしかったし、昔よく花見をした薄川沿い、同じく花見をした城山公園、 あるいはアルプス公園。

思い出の地・松本で、今年の桜追っ掛けは締めですかね。

 

長旅を終え帰宅すると、ニュースで、「弘前の桜が満開になりました」と。

いやいや、さすがにそれは無いな。

次は、山再開でしょう。きっと。

2017年4月26日 (水)

桜追っ掛け第四弾・高遠城址公園①

山ブログとして再出発します。
と言ったものの、まるでネタがありません。山に登ってないので。

そろそろ登りますと言ったのに、まだ桜追っ掛けをしていたのでした。
一応、山&旅ブログとしておきましょうか。

 

第四弾は高遠城址公園。
ここも桜の名所なので以前から行きたかった場所です。
ソメイヨシノではないので、東京の桜が終わった頃に見頃を迎えます。

凄く混みそうな場所なので、開園と同時に着きたくて夜中出発。朝6時には無料駐車場に着き徒歩で城址公園へ。

先週満開宣言された桜は、まだまだ見頃でした。

Dsc_3869

 

Dsc_3870

 

Dsc_3872

 

Dsc_3873

 

Dsc_3878

 

Dsc_3884

 

Dsc_3887

 

Dsc_3892

 

Dsc_3893

 

Dsc_3895

 

Dsc_3909

 

6時の時点ではまだ薄暗く、陽が当たるのを待って写真撮影。

名所だけあって徐々に人が増えて来て、駐車場も他県ナンバーでいっぱいです。
ちょっと遅いかな?と思いましたが、そんなことはなく、丁度見頃だったように思います。

«心機一転です

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

モーションウィジェット

  • 神奈川の天気
  • 長野の天気
  • 楽天