2017年9月17日 (日)

燕岳に行きました③

おかしいなあー、イルカ岩無かったよねー。
普通に考えて、燕山荘から燕岳の間にあるはずなんだけどなあ。

と、山頂から燕山荘の方を目で探します。

おっ!それらしき岩発見です。(写真真ん中ちょい下にあるの分かります?)

Img_0033

 

その場からデジカメをズームして確認。これこれ。
写真を撮ってるっぽい人も居るし、間違い無さそうです。

Img_0035

 

Mさん、サッサとイルカ岩へ向かいます。

Img_0038

 

感動。まさにイルカそのもの。ちゃんと頭だけじゃなくて全身あります。

Img_0040

 

イルカと槍のコラボ。素敵です。

Img_0041

 

ついでに、イルカと槍とおっさんのコラボ。(おっさんは要らなかったと反省)

Img_0046

 

大人気の山ですが、そう何度もは来れないから、何枚も写真を撮ります。

最高の燕岳登山です。
きっと1人では来なかったでしょうね。何しろ山歩き&運転に20hも掛かりましたから。

弾丸日帰りを立案してくれたMさんに感謝です。しかもかなり遅い下山スピードに付き合ってくれてありがとうございました。(*- -)(*_ _)ペコリ

 

どうしたら下山が人並みのスピードになるのか、まだまだ悩み中です。

燕岳に行きました②

燕山荘にザックをデポして、カメラだけを持って燕岳山頂を目指します。

Img_0020

 

有名なイルカ岩以外にも名前の付いた岩があるようですし、自分勝手に名前を付けるのも面白そう。何か次々に岩が見えて来ます。

Img_0022

 

イルカじゃなくてクジラ岩か?なんて思いましたが、クジラにしては平べったい。これじゃあ良いとこスルメ岩だわ。

Img_0023

 

山頂が近付くと、空は益々青く、地面はシャリシャリと気持ち良い。寝転びたくなるほどです。

Img_0025

 

ぐるりと周囲の山々が見えますが、ついつい槍ヶ岳に目が行っちゃいます。

Img_0026

 

眼鏡岩。

Img_0027

 

山頂に到着。標柱が無いので写真が撮り辛いこと。

Img_0031

 

せっかく「山が好きTシャツ」を着て来たので、写真を撮って貰います。山頂標柱が無いので槍をバックにパチリ。

Img_0032

 

3hしか寝てないので疲れ気味ですが、念願の燕岳登頂に大満足。心配なのは下山か・・・。

と、
ここでまだ肝心のイルカ岩を見つけていない事に気付きました。

Mさんと「まさかあれ(燕山荘の脇にあった岩)じゃないよねー。あれじゃあちょっとガッカリだよねー」なんて話しながら、次はイルカ岩を探す事に。(つづく)

燕岳に行きました①

去年から登りたかった山・燕岳。
実は去年1回登ろうとしたんですが、駐車場が満車で追い返された事があります。

ここは大人気の山(でも百名山じゃありません)で、朝5時には駐車場が満車と聞き、それより早く着く予定で家を出ましたが、途中高速道路工事などで到着が遅れ、それでもほぼ5時に着いたんですがダメでした。それが去年の話。

 

今年も「行きたい、行きたい」と思ってはみても、なかなか休みがありません。前夜車中泊or夜中発、どっちにしても日帰りでしか行けません。

カレンダーと睨めっこしても都合の良い日が見つからない。10月上旬、いや今年もダメかも。
なんて思ってた所へお誘いが。「平日弾丸日帰りでいかが?」と。弾丸日帰りで誘って来るなんて誰よ?相当な健脚の人ですね。

朝6時に待ち合わせでしたが、待ち切れない様子で駐車場にも居ません。「登山口で待ってます」との事。

 

登山口に行くと、居た居た。もう待ち切れない様子で居ました。(写真に小さく写ってます)

慌てて合流すると失敗します。

お相手の方は、かなり早く到着し、仮眠したり朝食を摂ったり、準備万端で待ち構えてます。挨拶なんてしようものなら、速攻登山がスタートしちゃいます。(朝食も食べさせて貰えません)

ここは佐々木小次郎を待たせた宮本武蔵のように、ゆっくりとトイレに行ったり、朝食を摂ったり、相手を焦らすことに。そうしないと勝てない強敵ですから。(・∀・)ニヤニヤ

Img_0001_2

 

北ア三大急登と呼ばれる合戦尾根。確かに最初からいきなりの登りです。
が、等間隔で第1~第3ベンチがあり休憩には持って来い。

そんなに必要無さそうですが、ベンチ毎に必ず休憩をしつつ合戦小屋まで。

Img_0005

 

そこにあった案内板を見て、燕山荘までのCTを4時間と勘違い。
合戦小屋→中房温泉(下り)が2.5hなのであって、中房温泉→合戦小屋(上り)はもっと掛かるんですよね。

それを単純に足し算した4hをCTだと思ったから、おお、意外と今日は苦戦だななんて。

Img_0007

 

合戦沢の頭(ちょっと広くなってます)に着くと、遥か彼方に燕山荘が見えます。
まだあんなにあるのかぁ。

Img_0010

 

さて、本日の相方はMさん。今年だけでも北・中・南アルプスを登ってる山大好きガール。
しかも晴れ女。絶景が期待出来そうです。

Img_0011

 

実は到着寸前の安曇野ICでは雨が降ってたりもしたんですが、やっぱりと言いましょうか、山頂が近付くにつれて青空になって来ました。

槍ヶ岳も見え始めて、次第にテンションが上がって来ます。

Img_0012

 

燕山荘到着。最初山小屋の右にある岩がイルカ岩かと思っちゃいました。

Img_0013

 

よくWeb上で見掛けるオブジェも発見。

Img_0015

 

山頂方面を見ると、何か北アルプス~って感じの風景です。

Img_0019

 

目指せ山頂、目指せイルカ岩。
他にも色々な岩があると言うので、ちょっと楽しみ。

小次郎、じゃなくてMさんは、登りが終るとすぐ元気になって、もう先を歩いて行っちゃってます。ふう。

それにしても良い天気になりました。(つづく)

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

モーションウィジェット

  • 神奈川の天気
  • 長野の天気
  • 楽天